2017年04月02日

パブリック・スクール――イギリス的紳士・淑女のつくられかた


パブリック・スクール――イギリス的紳士・淑女のつくられかた (岩波新書)
歴代首相をはじめ著名人を輩出した、イートン、ハロウなどの寄宿制私立名門校パブリック・スクール。階級が根強く残るイギリス社会において、上流階級の子弟の教育機関でありながら、文化の一部として広く国民に共有されてきた。独自の慣習からスポーツ、同性愛まで、小説や映画などからそのイメージの成立と変遷をたどる。

英国における学校の文化をコンパクトにまとめています。過去から現代まで時代も幅広いです。

初めは貧しくて学校に行けない少年たちのための慈善学校(グラマー・スクール)だったのが、運営するにはお金が必要になって、上流階級の子弟が通うになるのがパブリック・スクールです。
しかし19世紀始めまでは、パブリック・スクールは血気盛んな少年をしつけるための学校でした。やんちゃな貴族を一人前の紳士に育てるためです。飲酒や暴力は日常茶飯事でした。

秩序ある学校にしようと改革したのが、アーノルド・トーマス。監督生やファギング(上級生を下級生が召使のようにお世話する制度)が始まったのも、氏が提案したものです。
そして良いイメージを確立させるため、少年向けの読み物雑誌に清く正しい主人公が活躍する、パブリック・スクール物語を掲載します。それを読んで憧れたのが、中流階級や労働者階級の少年たちでした。

しかし男子校なので、実際はあい変わらず暴力やイジメ、答案を丸写ししたり、授業をサボったりしていたそうです。その内実を書いた自伝小説が20世紀始めごろから出版され、問題作になりました。

女子向けのパブリック・スクールが登場したのは、19世紀半ば。初めは家庭の事情で自活せざるを得ない少女のために、家庭教師になるための学校でした。
それが20世紀に入ると、女性が就職して自立するための学校に変わります。男子のように集団生活をし、勉強とスポーツをすることで、男らしい女性になる、と批判されることもありました。もちろん、裁縫や料理といった主婦になるための授業もあったそうですが、卒業生は紳士のように態度が堂々としていたそうです。

昔から存在していたグラマー・スクールですが、ほとんどはパブリック・スクールにならず、1976年に労働党が廃止するまで存続しました。現在は公立の中学校コンプリヘンシヴ・スクールに変わったのです。
日本でいう高校も兼ねているスクールは、そのまま卒業するグループと、進学するため2年残るグループに別れます。しかし進学できないグループが足を引っ張ってしまい、現在は不良だらけの荒れた学校だとか……。勉強どころではないそうです。

こういうのを読むと、伝統の大切さがわかります。
パブリック・スクールのようにお金持ちしか入学できなかったり、グラマー・スクールのように勉強ができないと奨学金が出なかったりするのは一見、不公平なようで、そのじつ理にかなっているのかもしれません。
posted by 夏 at 15:04 | TrackBack(0) | 西洋史(雑学・専門) | 更新情報をチェックする

デザイン変更しました

記事を投稿しようとログインしたら、デザインシステムが変更するから、移行してください、というお知らせが。さっそくボタンを押そうとするけど、エラー出まくり。いろいろカスタマイズしていたから、移行はできないらしい。
なので面倒だなと思いつつ、古いデザインをすっぱり削除して、数年ぶり(薔薇画像以外は10年以上つかってたかも)にリニューアルしました。
アンティークなローズと赤をモチーフにしています。
PCサイト用の背景とタイトル画像を変えただけで、あとはテンプレそのままです。スマホ用は種類が増えて無くて、前と同じ。

ブログ始めたのが2005年なので、もう12年近く投稿していることになります。記事たくさんあるわりには、アクセスないのは、マイナーネタだからでしょう。
だから最近は「おお、これは!」という書籍以外、テキスト短めで投稿しています。あくまでも個人的メモという形です。
紙の書籍しか買ってなかったころは、何を買ったのか忘れるのもあってメモしてましたが、電書はログがずっと残るのもあって、漫画はまとめて投稿しています。(紙の時代、漫画を何度かダブリ買いをしたことがあります。巻数長くて似たような表紙だと忘れてしまうんですよね。特にベル●ルクとかw)
posted by 夏 at 14:30 | TrackBack(0) | おしらせ | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

クリスティ・ハイテンション 全7巻


クリスティ・ハイテンション 1<クリスティ・ハイテンション> (コミックフラッパー)
霧深き19世紀ロンドン。わずか数平方マイルに数百万もの人々がひしめき、彼らが望み、企み、絶望するがゆえ起こる幾つもの難事件。名探偵と名高きシャーロック・ホームズの姪クリスティがつまびらかにする真実が人々を救い導いていく。今日も彼女は事件と出会う…。伯父に劣らぬ明晰な頭脳で真実を射抜く可憐な美少女クリスティ。そして彼女を支えるひと癖もふた癖もあるメイドたち―ノーラとアンヌマリー。彼女達の前に、悪しき策謀は瞬かない!

いわゆるホームズもののパスティーシュ。原作の事件が表とすると、クリスティ嬢はその裏で密かに活躍する内容です。叔父であるホームズに似て頭脳明晰で行動的な令嬢が、拳銃と鞭使いのメイドを従えて冒険するさまがかっこよくて楽しい。
大ベテランの大御所が描くだけあって、どのお話も安定して面白いです。無駄がまったくなく、クリスティの愛らしさが存分に描かれているのが見どころ。そしてヴィクトリア朝の背景や小物が美しく描かれているのもよかったです。
そのなかで起きる血なまぐさい事件。華麗さと残酷さがうまく混じり合い、19世紀らしい雰囲気がたっぷりでした。とくに女性陣が生き生きしていて、ホームズとワトスンは脇役ですw

だからこそ、残念だったのがラストの7巻。謎解きはほとんどなく、アクションだけで解決したのが物足りなかったというか……。パスティーシュ編よりもミステリーらしさがなかった。いかにも新谷ワールドって感じ(^_^;)

ヴィクトリア朝を舞台にした完成度の高い漫画でした。ホームズ好きはもちろん、メイド好きにも楽しめる内容になっています。
posted by 夏 at 19:43 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

坊っちゃんの時代 全5巻


坊っちゃんの時代 : 1 (アクションコミックス)
<明治>という時間軸に交錯する群像を、関川夏央の気鋭の原作を得て、名手・谷口ジローが渾身の力で描いた話題作。歴史上の人物たちの同時代的邂逅が意表を突く!!

夏目漱石が主人公で、小説坊っちゃんができるまでの日々。
あらすじと表示でお堅いイメージしがちですが、内容はおちゃめな漱石さんがたっぷり出てきますw そして当時の明治の文豪や歴史的人物がたくさん登場し、ときにすれ違うというノン・フィクションっぽい雰囲気が面白い。教科書で知ったあの人はこんな生き方をしていたのか、とユーモアとシリアスを交えて描かれてます。

全5巻のうち、かなり意外だったのが石川啄木。働けど働けどわが暮らし楽にならず、という印象が強いのですが、じつはとても浪費家で女好き。しかも愛想がとっても良くて忘れっぽいものだから、借金がどんどん膨らんでしまいます。だから毎日、どう金策するのかばかり。
生前は文学者として無名だったのもあって、漱石や白秋らを羨む描写が人間らしいです。若くして亡くなりますが(それは作中には描かれず)、奥さんと娘さん、啄木の詩集が売れてよかったですね、としか言いようがないぐらいのクズっぷりでした。

ほかに森鴎外と舞姫エリスとの苦い恋や、飼い猫を失った漱石が臨死する話、大逆事件にまつわる明治の人々と不安、が芸術的に描かれています。やや難解で読み手を選ぶ作風ですが、明治や文学者に興味があればおすすめです。
ただし、ストーリー的に弱い部分があって、オチがない話が多いんだけど、これは明治という時代を読む作品なのでしょう。一コマ一コマからあふれる明治の人々の生き方をじっくりと楽しめます。

その他読んだ漫画


↑初々しいとしか表現しようがないほど、かわいいパリヤとウマルの恋! こんな幸せそうなカップルいるのか、思うほどラブ全開でした。今で言うコミュ障のパリヤちゃんが幸せになるのが本当にうれしくて……。同じ思いをしているのは私だけでないはずw
当時のムスリムの価値観がところどころにあって、未婚の男女が一緒に出かけることすらタブーなのが歴史を感じました。乙嫁の世界ではそれも緩く描かれているから安心できるけど、現在も変わっていないのを思うと複雑です。


↑伊藤の元雇い主であるマリーズ氏が気になる終わり方でした。ひとくせありそうな氏と伊藤には何が合ったのだろうか。原作を読みたくなるも、バード女史視点だからそれは書かれてないのかな? どの資料をあたっているのか気になります。
バード女史がかわいい。写真のイメージ(中年だし)とぜんぜんちがうけどw


↑本編はあまり進まず、番外編が多かった。どのお話も飛行機マニアっぷりが伺えて楽しいです。あい変わらずのマリア嬢の豪快ぶりにすっきりします。次出るの一年後でしょうか……長いな(^_^;)
posted by 夏 at 19:30 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

この世界の片隅に・夕凪の街 桜の国


この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス)
戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。

ポイント50%だったので購読してみました。(本日まで)話題映画の原作だけあり、とてもよかったです。
ほのぼのしているのに、だんだんと戦争の影が濃くなり、ついに……というお話しなんですけど、残虐なシーンはほとんどありません。淡々と当時の生活が描かれています。
レビューにもたくさんあったように、戦争モノにありがちなイデオロギーがないから、純粋な物語として楽しめました。
親同士が決めた結婚でも、思いやりがあればうまくいくストーリーに心が温かくなり。舅姑さんもいい人で、義姉さんはキツイけど、根が優しい人。でも戦争が大切な家族を容赦なく奪うシーンが悲しい。
コレ読んだら、アニメ映画版も見たくなってきた。いつか機会があれば観てみたい。
そういえば冒頭とラストに出ていた怪物――あれってヒバゴンかもしれない。比婆山にいるという噂の獣人怪物で、まあイギリスのネッシーみたいなもんですw


夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)
この世界の片隅にがよかったので、こちらも購読。
当時、よくあっただろう話を短編漫画にした内容でした。ラストは「ああ、やっぱり……」と悲しい。
レビュー読んだら、衝撃的なラストに涙した、というのがたくさんあったけど、地元の人間としては複雑な気分。平和学習とかでうんざりするほど、こういう話を聞かされて育ったから、今更あまりこういうの読みたくないなーと思っていて、話題になっても読む気はしませんでした。
でも、地元以外ではは知らない人が多いのか、というのに少し驚いたというか。だから、この漫画は素晴らしいです。放射能の恐ろしさを、マイルドにしかし残酷に描いています。
ちなみに主人公兄弟姉妹の名前は、すべて町の名前です。今でも現存しています。


あとかたの街(1) (BE・LOVEコミックス)
↑全5巻。同じくイデオロギーが出ていない、戦争漫画です。こちらは少女一家の視点で、名古屋大空襲の惨劇が描かれています。読みやすくてほのぼのしていますが、戦争の影が一家をじょじょに苦しめていく描写に胸が痛みます。
posted by 夏 at 15:37 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする