2015年11月23日

新世紀エヴァンゲリオン 全14巻

B00932MR3O新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)
貞本 義行 カラー
KADOKAWA / 角川書店 2007-01-01

by G-Tools

超有名アニメの漫画版。1冊50円でセールされていたのでまとめ買いしました。
実は昔、4巻まで買っていたんですよね。でもなかなか続き出ないし、そのうちもういいやーとなって売ってしまいました。だから続きがどうなったのか知らなかった。いい機会でした。定価だったら買わなかった(^_^;)

ざっくり感想は、「終盤前までは面白かった。でもオチは普通かな」。
アニメも劇場版も観ていないので、比較しようがないんですけど、設定が難解すぎてなぜ、なぜ、という疑問が解けないのがちょっと残念かも。

キャラクターはしっかり描けていたぶん、人類補完計画の全貌がいまひとつわかりづらくて、結局、組織は何をしたかったんだろうか、というのがもやもやです。
死海文書の予言とか、いろいろモチーフがあるみたいで、ディープな読み解きがカルト的かも。その裏に何があるのかは、読みてに委ねているのかもしれません。

あと、ラストの何事もなかったかのように日常が……に、賛否両論分かれているようですが、物語が壮大すぎて収集つかないから、一番無難な終わり方にしたんだろうなーとも思いました。

カヲル君がいなくなるまではとっても面白かったです。ブームになっただけある作品です。
posted by 夏 at 21:05 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

AWAY-アウェイ-2 他

B015YWMOVGAWAY-アウェイ-(2) (flowers コミックス)
萩尾望都 小松左京
小学館 2015-09-10

by G-Tools

まだまだ続くのかと思っていたら、2巻で完結でした。そこがちょっと残念。
そのぶん、しっかり話がまとまっていて、1巻目でまったく方向性が見えなかった謎が、後半、一気に収束します。
前半のころの子供たちが必死に社会生活を営む姿、かなり落ちついてきた後半とのギャップに驚きます。
やっぱりキレイ事だけじゃ行きていけず、大人たちのように結婚して子孫を増やしていくのが、印象的。少女漫画らしい展開で進まず、シビアな未来を示すラストが萩尾ワールドらしいな、と思いました。
1巻から一気にラストまで読むと、SF漫画だったんだ、と改めて気付かされます。
現実を受け入れられない大人たちといい、人間のエゴを考えさせられる作品でした。

4253270301ガーフレット寮の羊たち(5)(プリンセス・コミックス)
もとなおこ
秋田書店 2015-06-16

by G-Tools

↑アーネストとエドガーの友情が描かれていました。今まで兄弟のような二人でしたけど、少し成長したアーネストがエドガーを兄としてではなく、学生同士として改めて友情を誓うシーンがよかったです。
でも一番の衝撃は、6巻で完結、ということ。
アーネストの成長とともに、もっともっと読めるかと期待していたんですが。ああー、3話で終わりですか……(T_T)
posted by 夏 at 21:26 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

B00KYFFADS機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1)<機動戦士ガンダム THE ORIGIN> (角川コミックス・エース)
安彦 良和 矢立 肇
KADOKAWA / 角川書店 2014-06-26

by G-Tools
ご存じファーストガンダムの安彦版コミックがついに登場。アムロがガンダムを起動させ、シャアとの壮絶な闘いを繰り広げる様を綿密に描く。ファン必見必携の1冊。

角川半額祭りでなんとなく懐かしいなーと、買ってみたら、とってもハマりました。
小学生のころ、何度かアニメを観ていたんだけど、話が難しかった(というより設定が複雑で理解しきれなかったのだと思う)から、あまり覚えてなかったんですよね。
でもキャラはバッチり覚えてましたから、ああ、そういうお話だったのか!!!と感激でした。

まず主人公アムロ。意固地になってしまったり、自分の価値観を貫くところが子供っぽいんだけど、そのぶん仲間を守るために戦う姿がまっすぐな少年そのものです。ときには失敗し、悩み、挫けてもなんとか立ち直って進むのが昔らしいなーとも。
最近の少年主人公のように達観していない(良く言えばクール)ところが、かわいらしいです。
お父さんいたのも意外。私の記憶では母親だけだったけど、初めのころに登場していたんですね。すっかり忘れていた。やっぱり死んじゃったのかな? あれから登場していないし……。
両親がいないのを悲しんでいるシーンがないのが、ひっかかりました。だから記憶になったのかも。

そして宿敵シャア。私の記憶では、キザな悪役ぐらいしかなかったけど、これ読んだらすんごいかっこいいキャラだったんですね。哀愁たっぷり。子供だったからわからなかったw 人気あるのもわかる!
そしてザビ家との確執もしっかり描かれていて、読み応えありました。キンドル版はまだ完結していないから、どうなるのか楽しみです。
ストーリーの記憶がないものだから、ラストもどうなったのかさっぱり覚えてない……(^_^;)

原作アニメが70年代に制作されただけあって、設定や小物もレトロ感満載。
食料が缶詰(レトルトじゃない)だったり、メモ書きや書類がしっかりペーパー(紙そのもの。燃えるシーンもあった)だったり、モビルスーツの操縦がボタンぽちぽち、レバーがしゃんがしゃんだったりw
一番レトロだなーと思ったのが、シャアがずっとサングラスだったりwww 
未来の話なのに、古いなーというのがたくさんあって、そういうのも現代風にアレンジせず、オリジナルに忠実なのが素晴らしいです。
あと、今の漫画にはない人間臭いドラマがとっても良かったです。最近のは、キャラ萌えがメインで、ストーリーがおまけみたいなのが多いので、こういうのもっと読みたいなあ。


その他、半額祭りで買った漫画。
B00P23YGOQ燐寸少女<燐寸少女> (角川コミックス・エース)
鈴木 小波
KADOKAWA / 角川書店 2014-11-04

by G-Tools

↑表紙とレビューがよかったし、サンプルの続きが気になったので購入。
……期待外れだった。どれも読みやすいし話もまとまってるんだけど、何かが物足りない。レトロな絵柄だから時代物とかがあればまだよかったんですが。ブラックな一発芸のような作風に好みが分かれそう。
posted by 夏 at 21:08 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

逃げるは恥だが役に立つ 1-6

B00GWVP77W逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)
海野つなみ
講談社 2013-06-13

by G-Tools
森山みくり(25歳)、彼氏なし。院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、ただいま求職中。見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡(36歳)の家事代行として週1で働き始める。両者ともに快適な関係を築いたふたりだが、みくりが実家の事情から辞めることに。現状を維持したい彼らが出した結論は、就職としての結婚――契約結婚だった! ひとつ屋根の下、秘密と妄想(?)の生活が始まる……! オトナの諸問題に挑む海野つなみの新境地!

話題になっていて1巻目が無料だったのでなんとなく読んでみたら、見事ハマりましたw
以前からブログで書いているけど、現代恋愛ものが苦手だからあまり期待していなかったんです。そのぶん、すごいギャップというか、一見するとごく普通の大人向け恋愛ものなのに、キャラとテーマがあまりにもぶっとんでいてぐいぐい引き込まれました。今までありそうでなかったタイプの恋愛ものです。

普通の恋愛物とちがうのは、ヒロインが計算高いこと。でも決して悪い意味ではなく、バブル崩壊後の不況のなかを生き抜くため、なんとかうまく立ち回ろうとするしたたかさに共感できます。
実際、設定でも就職できず派遣切りに遭い、形だけの結婚をします。とくに女性は学歴高くてもなかなか就職しづらいのは今も同じだし、専業主婦に憧れるのもわかります。

そして契約結婚の相手が、これまたとっても現代的。漫画にありがちなヒーローじゃないのが笑える――というか、これはネット世界にどっぷりつかった価値観そのもので、恋愛はイケメンだけのものとか、結婚はコスパが悪いとか、ああいうのw
そして超受け身で、しかもプライド高いものだから、自分から告白できなかったり、なかなか恋が進展しなかったり、女性側が主導権を握らないと行動を起こせなかったり。ああ、まさしく現代の青年像。それをヒーローにした斬新な作品。
話の運びやキャラの魅せ方がうまいから、少女漫画好き(恋愛好き)から呆れられることなく、読ませるのがすごいです。

そんな二人が、共同生活をするうちにだんだんと互いを意識していって、ついに6巻目で結ばれる!
……のですが、そのまま主婦になっていいのか、まるでタダ働きじゃないのかと悩んでしまう、主人公みくりの姿がドライ。
それに対して、夫になる予定の平匡さんが、恋愛したらごく普通の結婚と家庭を望むのが意外でした。だからコスパとかは、あくまでも劣等感から来るものだったのでしょうね。プライドが高かったのも失敗を恐れるあまりから来るものだったのかも。
これからどうなるのか予想がつかず、まだまだ楽しめそうです。

アマゾンレビューの6巻目で、「主婦になるのだから、無償で家事をするのは当たり前。最低の価値観を持ったヒロイン云々…」という怒りの感想がありました。
結婚、家庭など世間的な幸福って、手に入れるのが難しい時代になってしまって、いつ失ってもおかしくない時代でもあります。夫がリストラされてしまうかもしれないし、夫婦仲が悪くなって離婚するかもしれない。リスクを伴う生き方をなるべく避けたいみくりの価値観が、現代の若い女性を象徴していると思います。
posted by 夏 at 20:28 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする