2016年01月16日

Mystery Seller

4101366756Mystery Seller (新潮文庫)
新潮社ミステリーセラー編集部
新潮社 2012-01-28

by G-Tools

日本ミステリー界を牽引する8人の作家の豪華競演。御手洗潔、江神二郎など、おなじみの主人公から、気鋭の新たな代表作まで、謎も読後感も全く異なる八篇を収録。

うーん、期待はずれ……。
ほとんど読んだことがない作家さんだったのでお試し気分だったけど、ファンになるほど好きな作品はなかった。長編だったら面白い話があったのかもしれないけど、ミステリーというよりホラー寄りのが多かったのが残念。

以下、感想コメント。

・島田荘司「進々堂世界一周 戻り橋と悲願花」
↑ミステリーというより平和学習そのものでした。感想は書かないほうがよさげな内容(^_^;)

・有栖川有栖「四分間では短すぎる」
↑8作品の中でもっともミステリーらしかった作品。古典的な昭和の推理小説なんだけど、計算された謎が面白かったです。オチは賛否両論ありそう。

・我孫子武丸「夏に消えた少女」
↑ミステリー??? 叙述トリックというやつ? バカバカしいオチには笑えたw

・米澤穂信「柘榴」
↑文芸恋愛小説でよくある○○モノ。内容がドロドロ乙女系なのに好みが分かれそう。私は苦手。明らかにミステリーじゃない。

・竹本健治「恐い映像」
↑ホラーのようなミステリー。登場人物がすべてつながっていた意外な展開にわくわくするも、短編ゆえかオチが残念でした。

・長江俊和「杜の囚人」
↑明らかにホラーでした。昔流行ったサイコサスペンスっぽい内容。

・北川歩実「確かなつながり」
↑文章がまるで脚本のようで読みづらく、読了できませんでした。相性が悪かったのでしょう。

・麻耶雄嵩「失くした御守」
↑正統派青春ミステリー。高校生とは思えない古臭い雰囲気に好みが分かれそう。今時、政略結婚させられる女子高生お嬢様って存在するのか?
ラベル:_| ̄|○
posted by 夏 at 20:28 | TrackBack(0) | 小説-ミステリー | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

創作に影響するかもしれないヘイトスピーチ問題

「ヘイトスピーチ」とは、持って生まれたものや変えられないもの(性別や国籍など先天的なもの)や、宗教や思想などの属性を有する集団に対して、「憎悪的・侮辱的・差別的」な表現をすることです。ヘイトスピーチの対象には、「性別」「職業」といったものから、「人種や皮膚の色」「宗教」「国籍」「民族」といったものまで様々あります。http://blogos.com/article/97805/


民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止を目指し、大阪市が市議会に提案した全国初の条例案が、早ければ15日にも可決・成立する公算 : 大艦巨砲主義!
↑大阪市内だけの問題かと思ったんですけど、どうやらインターネットもその対象に入るらしくて、国民全体に影響がありそう。
要するに「これは民族的差別だ」と大阪市(在住人限定?)の被害者が訴えれば、大阪市がその裁判費用を貸しつけて、加害者とされる人物の氏名を公開するそうです。

もちろん差別そのものは良くないです。なんの根拠もないのに感情論だけで○○人は嫌いだというのは問題です。
心配なのは創作にもその影響が出るのかもしれないということ。
たとえば某国人が登場するネット小説を書いたとします。その某国人が不良等の悪役で登場し、日本人がイジメ等の被害者になる設定で、それを読んだ大阪市に在住する某国人が「これは差別だ、不快だ!」と思ったら、裁判沙汰に発展する可能性があるわけです。しかも、氏名を公表されるわけですから、私生活にも影響がでます。最悪、仕事を解雇され、夜逃げ同然の引越をし、改名する必要があるかもしれません。

そんなことはまずないと思いますが、もしその小説の作者が個人的な恨みをかっていたら(人気を妬んだ逆恨みとか)ありえないとは言い切れません。
だから10年以上前から、人権擁護法案系の話題を見かけるたび、私は心配でした。創作にも影響が出るだろうと。
定義がはっきりしていないから、何が差別的にあたるのか曖昧なのがもっとも怖いです。

条例反対はもちろんですが、創作側の人間としての対処法は、特定の民族に該当しそうな人物はまず書かない。名前も出さない。存在しないような設定にしておく。
ファンタジーでも特定の民族を連想させるような名前や国名、衣装も避けたほうがいいかもしれません。定義が曖昧ですから、何がいつ条例にひっかかるかわからないからです。

あと、読書感想も、○○人が登場した作品の感想は当たり障りのないものにしておいたほうがいいです。
歴史関連の書籍を読むと、どうしても当時の民族間の問題も出てきます。
タブーに関連しそうな内容だったら以前から注意しているのですが、それがかえって、自由な歴史創作そのものを萎縮させかねないような気がして、残念だなと思います。
posted by 夏 at 15:27 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

乙嫁語り 8巻 他

B0194EHYDS乙嫁語り 8巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))
森 薫
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-12-14

by G-Tools

↑パリヤちゃんが健気でかわいい。そして頑張り屋なのに不器用すぎて、自滅でもだえるシーンに共感。叱られることが多かったから、自分に自信がもてないんだよね。わかりすぎ(^_^;) できる嫁もいいけど、不器用嫁を楽しく描ける森さんはすごいな……と思う。

その他最近読んだマンガ

B016XJT3VSアンゴルモア 元寇合戦記(4)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)
たかぎ 七彦
KADOKAWA / 角川書店 2015-10-26

by G-Tools

↑ええー、これどうやって形勢逆転するんだろう? 残虐さのなかにかいま見える人間ドラマが印象的。当時の元って侵略に容赦なく、かなり強大だったのがわかる。

B019I5E32S僕だけがいない街(7)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)
三部 けい
KADOKAWA / 角川書店 2015-12-26

by G-Tools

↑話があまり進まなかった(T_T) 次巻に期待。

B009KYCQIQげんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)
木尾士目
講談社 2002-12-18

by G-Tools

↑無料版で2巻まで。
普段は無料版のメモはしなんですが、これはいろいろ思わされたので少しだけ。
いわゆる一昔前の消費オタクの青春物語。今とちがってライト層がいないためか、ディープな面々が懐かしいw 主人公のようにオタクであることが恥ずかしい気持ちがわかるし(ゲーム好きな私もそうだった)、似たような仲間が居心地良いのもわかる。そのなかに突然、イケメンでコミュ力ある濃いオタクが入って、リア充タイプの彼女もついてきて……という展開が今のオタク世界を暗示しているかのよう。
オタク世界の裾野が広がりすぎて、ディープなオタクな人の居場所がだんだんと減っていく危惧。現在のリア充叩き予言もあったりして、人間観察すごいなーという。

B011NAJ3PS凍りの掌 シベリア抑留記(1) (BE・LOVEコミックス)
おざわゆき
講談社 2015-07-27

by G-Tools

↑シベリアで強制労働させられた元日本兵の父親の話。
極寒という気候が想像以上に過酷だったのがわかる描写がすごい。その後、だんだんとソ連がわが待遇を改善していくんだけど、それも作戦のうちで、共産主義思想に染められている過程が恐ろしい。とくに貧しくて正義感がある真面目な人が標的になったよう。
同じ共産主義の中国で収容所に入れられた満州皇帝溥儀や、日本軍も、同じような手法で洗脳されていったのを思い出した。その成果が、マスコミ支配された現在の日本なのでしょう。今までマンガではなかっただろう、すごい作品。

あとかたの街(5) (BE・LOVEコミックス)
あとかたの街(5) (BE・LOVEコミックス)おざわゆき

講談社 2015-11-13
売り上げランキング : 3121


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑名古屋空襲から逃れた一家のその後の話。
戦争って爆弾や前線だけじゃないんだって思わされる内容。食料難や疎開先でのイジメがとくにリアルで、生きるために必死になるアイちゃんが気の毒なほど。だけど孤児になったり栄養失調で病気になったりした人もたくさんいたわけで、もっと悲惨な家族がいたことを考えると、戦争の愚かさがわかります。




posted by 夏 at 20:11 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

古書の来歴 上下巻

4270104090古書の来歴 (上巻) (RHブックス・プラス)
ジェラルディン・ブルックス 森嶋 マリ
武田ランダムハウスジャパン 2012-04-10

by G-Tools
100年前から行方が知れなかったハガダーが発見された―連絡を受けた古書鑑定家のハンナは、すぐにサラエボに向かった。ハガダーはユダヤ教の祈りや詩篇が書かれた書で、今回発見されたのは実在する最古のものと言われ、ハガダーとしてはめずらしく、美しく彩色された細密画が多数描かれていた。鑑定を行なったハンナは、羊皮紙のあいだに蝶の羽の欠片が挟まっていることに気づく。それを皮切りに、ハガダーは封印してきた歴史をひも解きはじめる…。翻訳ミステリー大賞受賞作。

一冊の古書をめぐる人々の歴史物語。
前から読みたかったので期待大。

ユダヤ教の祈祷書でもあるハガター。ナチスと戦争に巻き込まれ名も無き人々の手に渡り、さらに過去を遡って生活のために売られ、ふたりの司祭のいざこざで他者に渡り、それを製本した家族の悲惨な運命、さらに遡ってもとは絵本だった……。
壮大な歴史の物語が心打たれます。歴史は残酷なときもあれば穏やかなときもあり、愛と別離に満ち溢れた旅物語のようでした。
一話ごとがまとまっているのもあって読みやすかったです。

ただ、読後感は悪くなかったけど少し物足りなかったなーというのが率直な感想。
高学歴でキャリアのある欧米女史が書いた歴史小説そのものだったのが、少し残念でした。
・とてもできる自立心あふれる独身女性。なぜかモテる。
・歴史がからむ設定はお決まりの悪ナチスと、虐げられるユ○ヤ人。黄金パターンなのか、同時代の欧米小説やドラマには必ずといっていいほど出てくるので、またかー、と思ってしまった(^_^;)。たしかに悲惨で許されない歴史だけど、あまりにもパターン化しているせいか、架空では以前ほどのめり込めなくなってしまった……。
・歴史パートは女性が活躍、男性はそのサポートか敵かダメ男な役。全体的にややフェミニスト。
・毒母との確執。欧米ものの小説って、過去か家族のトラウマに主人公が苦しめられるのがお決まり。いわゆるアダルトチルドレン。

これらのパターンが気にならないならおすすめです。
面白かったけど、私としては、歴史パートをさらに重厚にするか、もっと意外性が欲しかった。
posted by 夏 at 19:35 | TrackBack(0) | 小説-ミステリー | 更新情報をチェックする