2016年08月13日

ヴィクトリア朝の性と結婚 性をめぐる26の神話

B00I7PNO26ヴィクトリア朝の性と結婚 性をめぐる26の神話 (中公新書)
度会好一
中央公論新社 1997-04-01

by G-Tools
ヴィクトリア文化は性を抑圧する文化であり、性に対するとりすました淑女ぶり、お上品主義である―このような考え方は、今世紀のみならず、当時からすでにあった。「中流階級の女たちは不感症に育てられる」「娼婦に落ちたら死ぬまで娼婦」「避妊を知らない」「未婚の母は召使に多い」など、本書は現在まで多くの人が受け入れている「神話」を26とりあげ、その虚構性を当時の日記や書簡、新聞の投書や漫画などの資料を通して検証する。

Kindle版があったので読んでみました。
あまり目新しい内容がなかった。あと、膨大な文献を紹介しているわりには、どのエピソードも深く書かれておらず物足りなかった。
ただ、ヴィクトリア朝そのものをあまり知らないときは、現代の感覚ではありえない内容でもあるので、新鮮に読めるかもしれません。

いくつか印象に残ったエピソードを。

・離婚制度はあったことはあったけど、女性が圧倒的に不利。男性は不倫をしても離婚しなくていいが、女性の不貞は離婚の要因になる。不倫された場合、妻が生活できないほどの暴力を夫から振われないと離婚はできない。
離婚するのが困難な場合、円満に別居生活をして、互いに関知しない覚書を交わすのが普通だった。

・慎ましい生活をしている中流階級の男性たちは晩婚化。結婚して妻を持つと、家庭も養わなくてはならないから貧しくなる。だけど、労働者の女性と結婚したら、階層ランクが落ちてしまうからそれもむずかしい。たっぷりと持参金を用意できる令嬢は、結婚後も裕福な生活を望むから、上の階級の紳士と結婚したがるのもある。

・中流階級の女性たちは性に無欲、とされていたが、それは妊娠の可能性を低くするためだった。当時、出産は命がけであり、妊娠を望まない女性は多かった。愛しあう相手との性交でオーガニズムを感じるのが怖かったのである。

あっけらかんとした文章なので、やや際どい内容もありますが、気軽に読めます。
道徳的な中流階級とそうでない労働者階級との対比が印象的でした。



posted by 夏 at 16:24 | TrackBack(0) | 西洋史(雑学・専門) | 更新情報をチェックする

ビスマルク ドイツ帝国を築いた政治外交術

B00VPQGZMAビスマルク ドイツ帝国を築いた政治外交術 (中公新書)
飯田洋介
中央公論新社 2015-01-25

by G-Tools
一九世紀ヨーロッパを代表する政治家、ビスマルクの業績は華々しい。一八七一年のドイツ帝国創建、三度にわたるドイツ統一戦争での勝利、欧州に同盟システムを構築した外交手腕、普通選挙や社会保険制度の導入――。しかし彼の評価は「英霊」から「ヒトラーの先駆者」まで揺れ動いてきた。「鉄血宰相」「誠実なる仲買人」「白色革命家」など数多の異名に彩られるドイツ帝国宰相、その等身大の姿と政治外交術の真髄に迫る。

レビューの評価は高いですが、読む人を選ぶかもしれません。以下にその理由。

内容的に新書では収まらない量だと思いました。長いビスマルクの生涯を一冊にまとめようとしたためでしょうか、これでもか、と内容が記述ばかりで教科書を読んでいるようでした。だから、ビスマルクが政治家になったあたりから、読むのが飽きてしまって中断。その後、再読です。
19世紀当時のプロイセン史をある程度知っているほうが、いくぶんか読みやすいかもしれません。
個人的にはビスマルクの人となりのエピソードを生い立ちだけでなく、その後をもっと知りたかったです。

教科書で「鉄血宰相」として知られるビスマルクのイメージと、実際の彼の志は異なっていたようです。
ドイツを帝国にしたのも、あくまでプロイセンを一つの国として強くしたかった。そしてまとまりのないドイツ諸侯と揉めるのですが、ビスマルクはいつも才気でたくみに解決し、切り抜けます。外交も同様。
その選択がやがてナショナリズムへとつながり、冷酷な宰相として知られるようになりました。だけど、ビスマルク自身はあくまでもプロイセンを守るためであり、戦争も避けることができず仕方なしに、といった具合です。
保守派と社会派に分かれたドイツ議会のなかを、臨機応変に調整しながらドイツをひとつに纏める手腕が、一番の読みどころです。ある意味、抜け駆け、と言ったほうが近いかも。

意志の強いビスマルクだったから、皇帝ともたびたび衝突してしまいます。晩年、即位したばかりのヴィルヘルム二世と意見の食い違いにより、引退しました。
ビスマルクが首相を辞めたことで、保守的なドイツが進歩的に生まれ変わる、と国民は期待したのですが、実際は逆でした。さらにナショナリズムが強くなり、ついに第一次世界大戦の引き金を皇帝が引いてしまうのです。
その後、亡くなったビスマルクが再評価され、ドイツを強大な帝国にした彼はさらに神格化されました。

ビスマルクについてざっと知りたいときにおすすめです。歴史的に有名でも、実際はどのような政治を行ったのかはあまり知られていないのではないでしょうか。
posted by 夏 at 16:00 | TrackBack(0) | 西洋史(雑学・専門) | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

イギリス 繁栄のあとさき

B00JQYYHKKイギリス 繁栄のあとさき (講談社学術文庫)
川北稔
講談社 2014-03-10

by G-Tools
今日、イギリスから学ぶべきは、勃興の理由ではなく、成熟期以後の経済のあり方と、衰退の中身である――。産業革命を支えたカリブ海の砂糖プランテーション。資本主義を担ったジェントルマンの非合理性。英語、生活様式という文化遺産……。世界システム論を日本に紹介した碩学が、大英帝国の内側を解き、歴史における「衰退」を考えるエッセイ。(講談社学術文庫)

歴史的なエピソードが思ったより少なかったのが残念でした。レビューが概ね好評だったから、期待してしまったのがいけなかったのかも……。

書かれたのが30年ぐらい前なのもあって、内容的には古いです。まだまだアメリカが強くて、中国に期待され始めたころ。だからでしょうか、グローバル化されすぎて、移民や難民、絶え間ない紛争で世界がここまで不安定になるとは著者も予想していなかったのでしょうね。
じょじょに先進国が衰退していくのは仕方がない反面、中国等の新興国が大国になった今、これから世界を担えるのかは甚だ疑問です。

要するに16世紀に世界一発展したオランダのように、イギリスもじょじょに衰退していくのは避けられないということらしいです。
周辺諸国が安い製品を作るようになると、工業だけでは国が持たないから、つぎは金融へシフトする。しかし、目に見えない金融商品は、政情や景気に左右されやすいのもあって、じょじょに国が衰退してしまいます。先進国がたどる道。
その金融界をリードしてきたのが、ジェントルマン教育を受けたイギリスの紳士たち。彼らがある意味、イギリスらしい経済を創りだしたのです。

しかし一度、先進国になると、世界をリードするだけの存在は残ります。それがいまだ、途上国のままの国とはちがうところ。いくら開発をされても、先進国が豊かになるために開発されてしまうと、なかなか発展しないそうです。それが低開発化された国。サトウキビや綿花、バナナ等のプランテーションが盛んな国がそうです。

表紙や図版はヴィクトリア朝に描かれたものなのに、エピソードはそぐわない内容でした。なぜ、そのイラストを掲載したのかは、解説すらありません……。
20世紀を総括する経済書としてはいいけど、歴史書としては弱いです。
posted by 夏 at 21:18 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | 更新情報をチェックする