2016年11月05日

Bookend Desktopの書籍をタブレットに移行できなかったら?⇒諦めろ…涙

4年以上前に購入した新書のPDF版をタブレットで再読したくなって、Androidに移行しようとしたらすでにサービスそのものが終了していました。書籍の販売は終わって、購入した作品だけ閲覧できる状態。
その前にも一度、試してみたんだけどアプリそのものが起動せず、久しぶりにデスクトップ版を使ってみたらバージョンアップされていたから、今度こそできるかも?と期待したら、端末移行そのものができなくなっていました。

ということは、ウィンドウズPC以外ではもう読めないっていうことですね……。読めないよりマシだけど、ノートパソコンは画面が横長だからすごく読みづらいんです。
当時、キンドルがまだ日本で開始されていなかったから、仕方なくその新書だけのために(絶版だったから)、わざわざアカウント取って購入したのに。腹立たしい。
結局、サービスが終了したら、読めなくなってしまう現実を突きつけられました。

以前はPDFのロック解除するソフトもあったようですが、今はそういうのもかなり厳しくなってしまったらしく、個人用途でも使用できません。電書の仕様があまりにもクソッタレだから、個人で読めるようにしたいだけなのに! あまりにも規制が厳しすぎてがっかりです。返金してほしいぐらい。

だから電書を購入する時は、大手のアマゾンに集中するのも仕方がないです。日本の会社も頑張って欲しいけど、大手じゃないとサービス終了する可能性が高いから、同じお金を払うのならアマゾンを選択せずにいられない。
次点で楽天コボ。楽天は採算取れなくなったら、即座に撤退するイメージがあるから、漫画しか購入してないです。

だから資料系は書籍を購入するのが安全。いつでもどこでも失くしたり燃やされたりしないかぎり、読めますから。だけど紙の本は最近、どんどん値上がりしているんで、気軽に買えないのも悩み。
一冊二千円、三千円は当たり前の世界ですから……。
posted by 夏 at 20:40 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

昨今、視聴率が落ちたとはいえ、やはりテレビ番組の宣伝力はすごい

銀の手帖@読書メモ: ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む―4万5千キロを競ったふたりの女性記者
↑11/4の昨日、記事に尋常でない訪問者数がありました。ほとんどが検索。
いったい何があったのかと調べてみたら、NHKの番組で資料として使われた書籍だったようです。
ふだん、ほとんど訪問者がないブログだから驚きました。しかし、そのページ以外はほとんどアクセスなかったから、そこだけ読まれて去られたのが少し寂しい。ほかにたくさん紹介しているのに……(^_^;)
どうやら、ネリーとエリザベス、どちらが勝者だったのかを知りたかったようです。発信元のブログでは見てからのお楽しみ、とあったから。

紹介している書籍、ほとんどがベストセラーにならないマイナー系、しかも翻訳ものが大半ですけど、こんなこともあるんだーと驚きました。
しかしまさかの売れ過ぎで、アマゾンで品切れになっていたのが残念。うちのブログ経由で購入された方は一人もいませんでした……涙

というわけで、ほかの書籍もたくさん紹介していますので、よかったらブログを読んでみてください。熱の入った感想は、かなり面白かったのでわかると思いますw
posted by 夏 at 12:07 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする