2016年08月13日

ヴィクトリア朝の性と結婚 性をめぐる26の神話

B00I7PNO26ヴィクトリア朝の性と結婚 性をめぐる26の神話 (中公新書)
度会好一
中央公論新社 1997-04-01

by G-Tools
ヴィクトリア文化は性を抑圧する文化であり、性に対するとりすました淑女ぶり、お上品主義である―このような考え方は、今世紀のみならず、当時からすでにあった。「中流階級の女たちは不感症に育てられる」「娼婦に落ちたら死ぬまで娼婦」「避妊を知らない」「未婚の母は召使に多い」など、本書は現在まで多くの人が受け入れている「神話」を26とりあげ、その虚構性を当時の日記や書簡、新聞の投書や漫画などの資料を通して検証する。

Kindle版があったので読んでみました。
あまり目新しい内容がなかった。あと、膨大な文献を紹介しているわりには、どのエピソードも深く書かれておらず物足りなかった。
ただ、ヴィクトリア朝そのものをあまり知らないときは、現代の感覚ではありえない内容でもあるので、新鮮に読めるかもしれません。

いくつか印象に残ったエピソードを。

・離婚制度はあったことはあったけど、女性が圧倒的に不利。男性は不倫をしても離婚しなくていいが、女性の不貞は離婚の要因になる。不倫された場合、妻が生活できないほどの暴力を夫から振われないと離婚はできない。
離婚するのが困難な場合、円満に別居生活をして、互いに関知しない覚書を交わすのが普通だった。

・慎ましい生活をしている中流階級の男性たちは晩婚化。結婚して妻を持つと、家庭も養わなくてはならないから貧しくなる。だけど、労働者の女性と結婚したら、階層ランクが落ちてしまうからそれもむずかしい。たっぷりと持参金を用意できる令嬢は、結婚後も裕福な生活を望むから、上の階級の紳士と結婚したがるのもある。

・中流階級の女性たちは性に無欲、とされていたが、それは妊娠の可能性を低くするためだった。当時、出産は命がけであり、妊娠を望まない女性は多かった。愛しあう相手との性交でオーガニズムを感じるのが怖かったのである。

あっけらかんとした文章なので、やや際どい内容もありますが、気軽に読めます。
道徳的な中流階級とそうでない労働者階級との対比が印象的でした。



posted by 夏 at 16:24 | TrackBack(0) | 西洋史(雑学・専門) | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441007468
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック