2016年10月01日

ペット リマスター・エディション+その他

B00SXTPAGEペット リマスター・エディション 1<ペット リマスター・エディション> (ビームコミックス)
三宅 乱丈
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-02-06

by G-Tools

評判だったので読んでみました。電書カドカワ半額祭りだったし5巻で完結していたのでなんとなく。
今まであまり読んだことのないジャンルの内容でした。気功を原点とした超能力の持ち主と、その雇い主たちの愛憎と攻防劇です。絵柄も今風のキレイ系じゃなくて、ラフで力強いです。だから好き嫌いが別れそう。
読後感はよかったです。ただ、あとがきでこれは第二部とあったからでしょうか、若干、もやもやするというか、これから彼らはどうなるんだろうか、という消化不良。それでも、テーマとしての物語はきちんと完結しているので、読み応えがありました。
人間の生と死、そして人生の最良――ヤマと、誰にも知られたくない過去――タニという表現がうまいな、と思いました。それらをビジョン化しながら、ひとりの人間の心に入り込んで、彼らは闘います。ヤマを塗り替え記憶を改竄し、ヤマをくずして潰したりもします。
そんな闇の仕事に関わる彼らの人生がドラマチック。そのなかで一番、印象的だったのが小悪党だと思っていた古株社員、桂木。彼の意外すぎる過去がラスト近くに出てきます。伏線になっていたとは!
サイコ系サスペンスと若干BLっぽい設定が好きならおすすめです。
(レビューでは傑作、というコメントがたくさんありますが、個人的な感想としては★4レベルでした。どろどろな人間関係ものがあまり好みでないからかも……汗)

B01K19804Cアンゴルモア 元寇合戦記(6)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)
たかぎ 七彦
KADOKAWA / 角川書店 2016-08-26

by G-Tools

↑半額じゃなかった、残念。裏切り者の登場でますます展開が気になります。元寇、あと三日でどうやりすごすのだろう?

B01KNLFHAIあれよ星屑 5巻<あれよ星屑> (ビームコミックス)
山田 参助
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-08-25

by G-Tools

↑徳太郎の義姉との関係が気になりつつも、ストリップ劇場の猥雑さと開放感が面白かったです。いかにも昭和テイストな戦後描写が好みな作品。内容は清々しいぐらいの大人向けですw

B017QP1F5A狼の口 ヴォルフスムント 7巻<狼の口 ヴォルフスムント> (ビームコミックス(ハルタ))
久慈 光久
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-11-14

by G-Tools

↑公弟レオポルドと戦う自由反乱軍(農民)たち。ひとつの悲劇としてまとまった内容。新たな強敵に、ヴァルターはどう挑むのか? ……という思わせぶりなラストでした。あい変わらず容赦ない残虐シーン満載と、戦死する主人公にブレがない作品。

B01IQYKNOOゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル
集英社 2016-08-19

by G-Tools

↑また出た、強敵――じゃない、変態がwww シリアスなのに笑いがたっぷりすぎ。でも、さくっと死んでしまったり残酷シーンも目白押し。北海道の大自然が美しく描写されて、読みどころたっぷりでした。今、一番続きが楽しみなマンガ。

B01JY4SIBKダンジョン飯 3巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-08-12

by G-Tools

↑失速することなく、ダンジョンの奥深くに進んでいきます。ゲームっぽいと思っていた世界観にも、きちんと背景があることがわかって、作品としての奥行きを感じさせます。もちろん、モンスター料理も楽しみ。

B01K1T8V5Uガーフレット寮の羊たち 6 (プリンセス・コミックス)
もとなおこ
秋田書店 2016-03-16

by G-Tools

↑紙本では完結していたけど、なかなか電書にならなかった作品。ようやく読めて感激でした。いつにもまして、さわやかな少年たちの友情に心温まります。少女漫画だけでなく、日本のサブカルでは滅多に描かれない紳士になる少年をテーマにした作品です。まだまだ続いてい欲しかった……。でも意外な人物が登場したあのオチは面白かった!(寄宿学校を舞台にしたBL系ならあるんですけどね。需要の問題でしょうか、私の知る限り、正統派はほとんどないです)
posted by 夏 at 19:09 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック