2016年12月04日

天の血脈

B01M628S28天の血脈(8) (アフタヌーンコミックス)
安彦良和
講談社 2016-10-21

by G-Tools

え、完結?! もう少し続きそうな流れだったのに……。
というのが一番の感想でした。もともとその予定だったのか、それともあまり人気がでないために打ち切りになってしまったのか……。浦島太郎的なラストにはびっくりして、がっかりというより、複雑な読後感です。

話を無理にまとめようとしたためか、神代パートがほとんどなく、結局ご先祖様(?)たちは何のために、主人公の前に現れたのか疑問のまま。
古代と近代の謎を追うという壮大なスケールの前半。後半は政治的陰謀に巻きこまれます。
そして古代、天皇の血統は朝鮮半島とつながっているのでは、という証拠が発掘されるのですが、その謎を隠蔽するため、命を狙われ――。
おそらく、日本に帰国したあと、さらなる陰謀に巻きこまれる予定だったのでしょう。
残念なラストですが、珍しいテーマを扱っているのと、キャラが良かったので満足です。レビューつけるなら、★4。

明治時代の名士や政治家が登場するめずらしい作品です。当時の満州や朝鮮が舞台に興味があれば、おすすめの作品です。
ただ、ラストが納得できない可能性があるので、その点を考慮して読んだほうがいいかもしれません。
posted by 夏 at 15:43 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444592403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック