2017年02月26日

クリスティ・ハイテンション 全7巻


クリスティ・ハイテンション 1<クリスティ・ハイテンション> (コミックフラッパー)
霧深き19世紀ロンドン。わずか数平方マイルに数百万もの人々がひしめき、彼らが望み、企み、絶望するがゆえ起こる幾つもの難事件。名探偵と名高きシャーロック・ホームズの姪クリスティがつまびらかにする真実が人々を救い導いていく。今日も彼女は事件と出会う…。伯父に劣らぬ明晰な頭脳で真実を射抜く可憐な美少女クリスティ。そして彼女を支えるひと癖もふた癖もあるメイドたち―ノーラとアンヌマリー。彼女達の前に、悪しき策謀は瞬かない!

いわゆるホームズもののパスティーシュ。原作の事件が表とすると、クリスティ嬢はその裏で密かに活躍する内容です。叔父であるホームズに似て頭脳明晰で行動的な令嬢が、拳銃と鞭使いのメイドを従えて冒険するさまがかっこよくて楽しい。
大ベテランの大御所が描くだけあって、どのお話も安定して面白いです。無駄がまったくなく、クリスティの愛らしさが存分に描かれているのが見どころ。そしてヴィクトリア朝の背景や小物が美しく描かれているのもよかったです。
そのなかで起きる血なまぐさい事件。華麗さと残酷さがうまく混じり合い、19世紀らしい雰囲気がたっぷりでした。とくに女性陣が生き生きしていて、ホームズとワトスンは脇役ですw

だからこそ、残念だったのがラストの7巻。謎解きはほとんどなく、アクションだけで解決したのが物足りなかったというか……。パスティーシュ編よりもミステリーらしさがなかった。いかにも新谷ワールドって感じ(^_^;)

ヴィクトリア朝を舞台にした完成度の高い漫画でした。ホームズ好きはもちろん、メイド好きにも楽しめる内容になっています。


クリスティ・ロンドンマッシブ 1 (コミックフラッパー)
↑続編。全5巻。

17歳になったクリスティはあい変わらず事件大好きなお転婆令嬢。年頃になったので、社交界にも出てみるも、結婚相手探しに興味がない姿は予想通りでした。
かわいいにきれいが加わったクリスティのイラストがとっても美しい。事件もテンポよく進み、あの宿敵モリアーティ教授がホームズ以上に登場。悪漢なりの美学に惹かれます。

が、気になったのが、新登場したメイドたちの能力。怪力、邪眼まではまだ許容範囲としても、悪魔召還はどうよ?と思った。そこだけファンタジックになってしまい、ストーリーと世界観のバランスが悪い。悪魔召喚で解決するのはルール違反のような……。
レビューでも同意見がたくさんあったので、やっぱりおかしいよなーと。
さすがに3巻目からは、超能力は控えめに描かれ、完結巻ではまったくありません。苦情いっぱいあったのだろうなーと。

その点をのぞけば、ミステリーとアクションに、生き生きしたキャラクターが楽しめるヴィクトリアンマンガです。ラストは駆け足でしたが、令嬢ロマンスらしい終わり方でした。
posted by 夏 at 19:43 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック