2017年07月17日

モンテ・クリスト伯~あの大長編古典をなんと単行本1冊にまとめた神業漫画 他


モンテ・クリスト伯爵 (ジェッツコミックス)
↑アレクサンドル・デュマの大長編を驚いたことに一冊の漫画本にまとめた作品。デビュー作のため、編集サイドが「どうしても1冊で描いて欲しい」と条件があったとか……。
そうなるとありがちなダイジェスト版を想像したんですが、レビューの評価が高かったので購読してみました。ほとんど違和感無し。後半は駆け足だったものの、離れ島の監獄に入れられるシーンとか、復讐を誓うまでの前半はドラマチックな仕上がりです。
そしてイラストが美しいので、19世紀の社交界もたのしめてお得な内容でした。長すぎて巌窟王しか読んだことないけど(ほとんど内容忘れていましたが)大満足な一冊でした。せめて3巻ぐらいまでの長さだったら、よかったのになーというのが、唯一の残念ポイントです。それだけ面白かった。原作を読みたくなります。

↓その他読了マンガ

ダンジョン飯 4巻 (HARTA COMIX)
↑ついにファリンが生き返る――も、嫌な予感の伏線がちらほら……。次巻がどうなるのか楽しみ。ありがちなゲームファンタジーを題材にしながらも、ご都合主義に走らず、シビアな世界観と細かい設定が素晴らしい作品。


逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)
↑完結巻。みくりたちは予想通りのハッピー・エンド。そしてずっと気になっていた百合さんの恋愛の行方が描かれています。超年の差カップルだけあって、将来のこととかいろいろ悩んではいるのですが、「今」を精一杯生きて楽しむその姿がよかったです。この作品はライトな切り口にも関わらず、いろいろ考えさせられました。ドラマ大ヒットおめでとうございます。


ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
↑いつもより変態度が低い(?)代わりに、オモシロ脱獄王白石が快進撃。どっちつかずのコウモリだと思っていたのに、その心は――が爽快。しかし、主人公が負傷してしまい、これからどうなるのか、続きが気になるラストでした。


アンゴルモア 元寇合戦記(7) (角川コミックス・エース)
↑裏切りと駆け引きの展開。オチ(元寇)は知っているものの、そこへどう話を運ぶのかを予想できない。強敵にどう立ち向かうのか。数日単位で話がすすんでいるにもかかわらず、あいかわらず濃い内容です。


王妃マルゴ 5 (愛蔵版コミックス)
↑ついに結婚したマルゴだが、宗派戦争に巻きこまれてしまい、新婚らしい生活はほぼなし。おまけに兄王が崩御して、一家と親族の血なまぐさい争いが、という展開。残酷なフランス歴史ものだけど、登場人物がみな生き生きしているから、楽しんで読めます。
あと、ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)が発売されているのが一番の驚き。40年近く経って、まさかの続きがあるとは……。リアルタイム読者だった方々の感動しているレビューが濃い。


海街diary 8 恋と巡礼 (flowers コミックス)
↑すずちゃんが大きく成長した8巻。……ということは、あと1巻が2巻ぐらいでラストなのかな? 一昔前の人情ものが心地よい作品です。
posted by 夏 at 21:01 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451889245
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック