2017年07月30日

ポーの一族 ~春の夢~ 40年ぶりの続編はサスペンスチック。


ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)
不朽の名作「ポーの一族」から40年。ついに新作の続編がコミックスに!!
永遠の時を生きるバンパネラ(吸血鬼)であるエドガーとアランは、
1940年代戦火のヨーロッパ、イギリス郊外でナチスドイツから逃れてきたドイツ人姉弟と出逢う・・・
そしてその出逢いが新たな運命の歯車をまわす―――

発売日にダウンロードしました!

……予想どおりというか、やっぱりというか、当時の絵柄と違うのはもちろん、雰囲気がかなり違ってました。叙情的だったのが、リアルな群像劇に変わってた――そもそも、90年代ぐらいからずっと群像劇っぽかったのだから、叙情的なのを期待はしてなかったですけども。

エドガーがあまり変わってないのがよかった。が、アランがひたすらわがままだけなので、以前より子供っぽくなったような……。
そして新キャラの同族登場によって、ストーリーに深みが出てます。バンパネラの一族の設定が明快に解けていくのが面白かったです。昔はぼんやりとしていて、ファンタジックだったのが、サスペンスちっくになったのに好みがわかれるかも。私はサスペンス系のほうが好きですが。

というわけで、これはこれで別のポーの一族として読めば面白いです。バンパネラ一族の謎が解け始めたところで、終わったから、次巻もあるのでしょうか。そんな雰囲気で終わってました。

レビューもわたしと同じ意見が目立っていて、当時と別の作品として読めば素晴らしい。というものがほとんどでしたw なかには納得できない、というのもあって、とくにリアルタイム読者だとそう思うのかもしれません。
私は80年代後半ぐらいから萩尾作品を読み始めたので、ぎゃくに始めてポーの一族を読んだ時あまりにも雰囲気がちがうから、びっくりしましたけど。

でもずっと同じ作風だと飽きられます。その時代、時代の流行があるし、作者も歳を重ねれば若い時と異なった価値観や感性に変わりますし、とくに少女漫画はその傾向が強いです。
デビューされてからずっと第一線で活躍されているだけあり、ストーリーの巧みさで楽しめます。ラストが少し悲しいけど、それもポーらしいです。
posted by 夏 at 21:27 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック