2009年07月29日

2009年06月19日

スーパー編集長のシステム小説術

4591109291スーパー編集長のシステム小説術―才能なんていらない!
校條 剛
ポプラ社 2009-04

by G-Tools

ひさびさにコラムを読もうと思ったら、いつのまにやら書籍化!
で、リンク先……すでに品切れ。重版はあるのかな(^_^;

以前、サイトで公開連載されていたものを読んだことがあるのですが、一番印象に残ったのは、とにかく最後まで書くことと、実力があっても新人として売り出すには、人工的なまでの不自然なインパクトのある作品ではないとかなり厳しい、ということ。
才能よりも技術に重きを置いているのも、そのためでしょう。いくら面白い話を書けても、マーケット的な価値のあるなしは別の話です。

それと時代小説は、史実の正確さにこだわるよりも、作品としての面白さを優先的に、とも。資料が揃わなくても、ひたすらがんがん書け~、ということみたいです。

あと本は買って読みましょう~みたいなコラムもあったっけ。作家になろうとする者が図書館ですませ、書籍すら買わないのは矛盾しているとか。売れなきゃたしかに、作家になってもご飯が食べられないよね(苦笑)

サイトにある小説道場を読んでみれば、編集者はこういう読み方をするんだ、と勉強になります。(やはり素人小説は全体的に、描写が甘いという指摘が多し・汗)
posted by 夏 at 01:30 | TrackBack(0) | 雑誌・実用書 | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

週刊新潮2008.12.04号

◆週刊新潮2008.12.04号
【国籍法改正は日本の危機 平沼赳夫氏×櫻井よしこ氏の対談】

今週号をもし見かけたら、立ち読みでもいいので、ぜひ目を通してみることをおすすめします。
治安対策や生活保護費で財政破綻して、失業・増税に加え、年金がなくなるんじゃないかととても不安になる法案です……。

追記。

↓に引用したテキスト版があります。




↓more↓
posted by 夏 at 01:34 | TrackBack(0) | 雑誌・実用書 | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

イギリス とっておきの庭を見に行こう

475715013Xイギリス とっておきの庭を見に行こう
荒井 かずみ
NTT出版 1999-03

by G-Tools

楽天ブックス


素敵な写真がいっぱいのエッセイ。有名な庭を紹介されていますので、英国の庭の雰囲気をつかむのに最適。
ただあくまでもエッセイなので、筆者の主観がかなり混じっている文章となっています。旅の途中出会った猫とか、頑固だけど芸術的な庭を作る女性庭師の話、レンタカーを使った旅のこととか……。
なので資料として読んだら、ちょっと弱い部分があるのも否めませんが、修道院の薬草園の図もあったりして、細かいポイントを押さえてもいます。
個人的によかったのが、日本ではなじみないけどあちらでは有名な花々を紹介したコラム。知ってそうで知らない花ってたくさんあるんですね。ゼラニウムとか。
posted by 夏 at 19:39 | TrackBack(0) | 雑誌・実用書 | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

Fellows! 2008-OCTOBER

4757744978Fellows! 2008-OCTOBER volume 1 (BEAM COMIX)
森 薫
エンターブレイン 2008-10-14

by G-Tools

森薫さんの新作が気になって購入してみたら、今度はコーカサスでびっくり。絵もきれいで続きが気になります。タイトルの意味は、そういうことだったのか~というのもすぐにわかると思います。

表紙も自分好みだったから、他の作品も期待していました。
で、ざっと読んでみたら、微妙な読後感。
しかもある年代の女子にはかなり鬱系の作品もあって、寝る前に読んで後悔したほど。

立派な菓子箱なのに、かんじんのお菓子が手抜きのよくわかんない形で、斬新さを狙ってみたけど外してしまった味けなさ……といったら伝わるかな???

雑誌の作風自体はわりと自由みたいだから、もったいなあと思いました。新人さんが多いのに、せっかくのチャンスを生かしきれていないというか、ごにょごにょ……。(だからもう買わない。単行本を待つ)
posted by 夏 at 23:02 | TrackBack(0) | 雑誌・実用書 | 更新情報をチェックする