2015年03月29日

コルセットに翼 全10巻

425319611Xコルセットに翼 1 (プリンセスコミックス)
もと なおこ
秋田書店 2008-01-16

by G-Tools

父が亡くなり孤児となったクリスが、全寮制女子校へ入学するところから始まる物語。
意地悪な女校長デスデモーナや、心優しいメイド、そして強く美しい令嬢といった面々がヴィクトリア朝らしかったです。当時の小物や設定がたくさん出てきます。
小公女や秘密の花園をモチーフにしたような物語ですが、だんだんと巻が進むにつれて、登場人物たちの愛憎劇が繰り広げられます。悪いデスデモーナ校長に勝利して、理想の紳士と結婚――という物語を予想していたら、見事に外れた、怒涛の展開でした。一気読みせずにいられない面白さ。
タイトルが意味するところが最終巻で見事に花開く、ハッピーエンドのステキなドラマでした。

レディ……のヒーローと、今作のヒーローの名前の組み合わせが、今は解散したバンドからとったのかな。偶然だと思うけど、クリスがだれと結ばれるのかという予想が、それで当たりましたw
posted by 夏 at 23:27 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ガーフレット寮の羊たち 1~4

4253270263ガーフレット寮の羊たち 1 (プリンセスコミックス)
もと なおこ
秋田書店 2012-11-16

by G-Tools

正統派パブリック・スクールもの。少女漫画らしい華やかで繊細な絵柄と、温かいストーリーが心地よいです。

この作品の読みどころ。
・パブリック・スクールが舞台という珍しい作品。ヴィクトリアンに興味があれば、一度は詳しく知ってみたくなる、禁断(?)の男子校世界。
・にもかかわらず、ベタなBL設定じゃないのがとってもいい。一応あることはあるけど、あくまでも設定のひとつの扱い。(実際によくあったそうです。暗黙の必要悪)
・少年たちがまっすぐでかわいらしい。そして青年になっていく彼らの成長がまぶしくて清涼感いっぱい。
・かなり資料をあたられているのか、細かい描写と会話が当時らしくてマニアにはたまらない。

というわけで、興味があればおすすめです。
レディ・ヴィクトリアンに当時したあの若様のスクールライフも面白い。

<パブリック・スクール | 英国執事とメイドの素顔参考までに。
posted by 夏 at 23:18 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

乙嫁語り 7巻

4047302430乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)
森薫
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-02-14

by G-Tools

旅を続ける英国人スミスと案内人アリ。アラル海にある双子の村から山を越えて南下し、たどり着いた場所はペルシア。
逗留先の主人から歓迎を受けるふたりであったが、そのウラでは第4の乙嫁アニスが、誰にも打ち明けられない悩みを抱えていた……!
姉妹妻と呼ばれるこの地域の習慣を題材に、いま描き出される真の友情の物語。

購入前、すでにレビューがずらっとあって、つい読んでしまったのがいけなかった。
ネタバレありすぎっ!!!
いつもは読まないけど、今回は賛否両論あったもんだから、つい……(汗

いつもの乙嫁らしくない、というコメントがたくさんあったけど、私はとくに気にならなかったけどなあ。
たしかに線が細いし、主人公アニスの瞳があっさりと描かれているためか、書き込みが少ないと感じた人が多かったのかも。
お話もあっさりしていたけど、それはそれで面白かったです。

旦那さんは優しくてお金持ちだし、どろどろとした人間関係もないし(姑さんは他界?)、背景は美しいし、お友達になるシーリーンも、お嬢様なアニスと対照的な親友という王道パターンだし。良い意味で古風な少女漫画のようでした。

が、しかし。
合間合間に見える、イスラムな男女分断的な世界観が物語を深くしています。
自由に外出できないアニスが寂しさを抱えるシーン(本人は漠然とした思いで何なのかわかっていないけど)、今で言うママ友達ができて心が踊るシーン、そして姉妹妻という独特の制度に読者は驚き。
男女が分断された世界にいると、まず恋愛は無理。だから親同士が決めた相手と結婚するのが当たり前。
その代替として、擬似恋愛――それが姉妹妻の制度なのでしょう。

その逆も当然あるわけでして、例えば、男性ばかりの寄宿舎にいる生徒たちのあいだで同性愛が問題になるのが、ヴィクトリア朝のイギリスだったりするわけです。
今回、スミスさんが乙嫁に出会えないのも、男女の世界がきっぱり分かれているのをうまく描写しているな、と思いました。

あと、旦那を亡くしたシーリーンの生きる道が再婚しかない、でも子持ちだからむずかしい――あとは物乞い、というのも男性に依存しないと生きていけない描写が残酷。
ラストをハッピーエンドにしているのも、まじめに向き合ったらかなり重い話になるから、あえて爽やかにしたのかな、と感想。
posted by 夏 at 21:01 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

AWAY-アウェイ- 1

4091670571AWAY-アウェイ- 1 (フラワーコミックス)
萩尾 望都 小松 左京
小学館 2014-07-10

by G-Tools
2033年3月末のある朝、中学生・一紀(かずき)と子どもたちは、周囲の大人が消えてしまったことに気づく。子どもだけの世界となり、予想もできない日々が始まるが…?衝撃の本格SFストーリー!
小松左京の短編「お召し」にアイディアを得て、萩尾望都が広く深く世界を描く意欲作です。

ある朝目覚めたら、”大人”がみんな消えてしまった。
残された子供たちはどうする?

そんな展開で始まった作品。これからどうなるのか、なぜ大人と子供の世界は分断されたのか、今後の展開が気になる内容でした。
まだ序盤のためか、面白いかどうかの判断はつきにくいというか、いったいどんな話――オチが待っているのか期待。
posted by 夏 at 20:44 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

海街diary 6

B00OA1SVJC海街diary 6 四月になれば彼女は (flowers コミックス)
吉田秋生
小学館 2014-07-10

by G-Tools
すずの母が生まれ育った街、金沢。会ったことのない祖母の月命日、遺産相続の手続きのため母の生家を初めて訪れたすず。そこで四姉妹を待っていた“いちがいもん”とは!?

安定の日常ドラマ。1つずつの話には事件やアクション的な要素はまったくないのに、登場人物全てが深く掘り下げられているので、味わい深い読後感です。すずが主人公のお話はまさしく青春群像。
だれもが悩みながら明るく生きていく姿が爽やかな読後感でした。
すずの選択はどうなるのか気になりますが、どちらを選んでも納得の読後感になりそう。
突然登場した、すずの金沢の従兄が面白キャラで楽しかったですw
posted by 夏 at 23:21 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする