2016年01月02日

乙嫁語り 8巻 他

B0194EHYDS乙嫁語り 8巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))
森 薫
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-12-14

by G-Tools

↑パリヤちゃんが健気でかわいい。そして頑張り屋なのに不器用すぎて、自滅でもだえるシーンに共感。叱られることが多かったから、自分に自信がもてないんだよね。わかりすぎ(^_^;) できる嫁もいいけど、不器用嫁を楽しく描ける森さんはすごいな……と思う。

その他最近読んだマンガ

B016XJT3VSアンゴルモア 元寇合戦記(4)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)
たかぎ 七彦
KADOKAWA / 角川書店 2015-10-26

by G-Tools

↑ええー、これどうやって形勢逆転するんだろう? 残虐さのなかにかいま見える人間ドラマが印象的。当時の元って侵略に容赦なく、かなり強大だったのがわかる。

B019I5E32S僕だけがいない街(7)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)
三部 けい
KADOKAWA / 角川書店 2015-12-26

by G-Tools

↑話があまり進まなかった(T_T) 次巻に期待。

B009KYCQIQげんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)
木尾士目
講談社 2002-12-18

by G-Tools

↑無料版で2巻まで。
普段は無料版のメモはしなんですが、これはいろいろ思わされたので少しだけ。
いわゆる一昔前の消費オタクの青春物語。今とちがってライト層がいないためか、ディープな面々が懐かしいw 主人公のようにオタクであることが恥ずかしい気持ちがわかるし(ゲーム好きな私もそうだった)、似たような仲間が居心地良いのもわかる。そのなかに突然、イケメンでコミュ力ある濃いオタクが入って、リア充タイプの彼女もついてきて……という展開が今のオタク世界を暗示しているかのよう。
オタク世界の裾野が広がりすぎて、ディープなオタクな人の居場所がだんだんと減っていく危惧。現在のリア充叩き予言もあったりして、人間観察すごいなーという。

B011NAJ3PS凍りの掌 シベリア抑留記(1) (BE・LOVEコミックス)
おざわゆき
講談社 2015-07-27

by G-Tools

↑シベリアで強制労働させられた元日本兵の父親の話。
極寒という気候が想像以上に過酷だったのがわかる描写がすごい。その後、だんだんとソ連がわが待遇を改善していくんだけど、それも作戦のうちで、共産主義思想に染められている過程が恐ろしい。とくに貧しくて正義感がある真面目な人が標的になったよう。
同じ共産主義の中国で収容所に入れられた満州皇帝溥儀や、日本軍も、同じような手法で洗脳されていったのを思い出した。その成果が、マスコミ支配された現在の日本なのでしょう。今までマンガではなかっただろう、すごい作品。

あとかたの街(5) (BE・LOVEコミックス)
あとかたの街(5) (BE・LOVEコミックス)おざわゆき

講談社 2015-11-13
売り上げランキング : 3121


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑名古屋空襲から逃れた一家のその後の話。
戦争って爆弾や前線だけじゃないんだって思わされる内容。食料難や疎開先でのイジメがとくにリアルで、生きるために必死になるアイちゃんが気の毒なほど。だけど孤児になったり栄養失調で病気になったりした人もたくさんいたわけで、もっと悲惨な家族がいたことを考えると、戦争の愚かさがわかります。




posted by 夏 at 20:11 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

新世紀エヴァンゲリオン 全14巻

B00932MR3O新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)
貞本 義行 カラー
KADOKAWA / 角川書店 2007-01-01

by G-Tools

超有名アニメの漫画版。1冊50円でセールされていたのでまとめ買いしました。
実は昔、4巻まで買っていたんですよね。でもなかなか続き出ないし、そのうちもういいやーとなって売ってしまいました。だから続きがどうなったのか知らなかった。いい機会でした。定価だったら買わなかった(^_^;)

ざっくり感想は、「終盤前までは面白かった。でもオチは普通かな」。
アニメも劇場版も観ていないので、比較しようがないんですけど、設定が難解すぎてなぜ、なぜ、という疑問が解けないのがちょっと残念かも。

キャラクターはしっかり描けていたぶん、人類補完計画の全貌がいまひとつわかりづらくて、結局、組織は何をしたかったんだろうか、というのがもやもやです。
死海文書の予言とか、いろいろモチーフがあるみたいで、ディープな読み解きがカルト的かも。その裏に何があるのかは、読みてに委ねているのかもしれません。

あと、ラストの何事もなかったかのように日常が……に、賛否両論分かれているようですが、物語が壮大すぎて収集つかないから、一番無難な終わり方にしたんだろうなーとも思いました。

カヲル君がいなくなるまではとっても面白かったです。ブームになっただけある作品です。
posted by 夏 at 21:05 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

B00KYFFADS機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1)<機動戦士ガンダム THE ORIGIN> (角川コミックス・エース)
安彦 良和 矢立 肇
KADOKAWA / 角川書店 2014-06-26

by G-Tools
ご存じファーストガンダムの安彦版コミックがついに登場。アムロがガンダムを起動させ、シャアとの壮絶な闘いを繰り広げる様を綿密に描く。ファン必見必携の1冊。

角川半額祭りでなんとなく懐かしいなーと、買ってみたら、とってもハマりました。
小学生のころ、何度かアニメを観ていたんだけど、話が難しかった(というより設定が複雑で理解しきれなかったのだと思う)から、あまり覚えてなかったんですよね。
でもキャラはバッチり覚えてましたから、ああ、そういうお話だったのか!!!と感激でした。

まず主人公アムロ。意固地になってしまったり、自分の価値観を貫くところが子供っぽいんだけど、そのぶん仲間を守るために戦う姿がまっすぐな少年そのものです。ときには失敗し、悩み、挫けてもなんとか立ち直って進むのが昔らしいなーとも。
最近の少年主人公のように達観していない(良く言えばクール)ところが、かわいらしいです。
お父さんいたのも意外。私の記憶では母親だけだったけど、初めのころに登場していたんですね。すっかり忘れていた。やっぱり死んじゃったのかな? あれから登場していないし……。
両親がいないのを悲しんでいるシーンがないのが、ひっかかりました。だから記憶になったのかも。

そして宿敵シャア。私の記憶では、キザな悪役ぐらいしかなかったけど、これ読んだらすんごいかっこいいキャラだったんですね。哀愁たっぷり。子供だったからわからなかったw 人気あるのもわかる!
そしてザビ家との確執もしっかり描かれていて、読み応えありました。キンドル版はまだ完結していないから、どうなるのか楽しみです。
ストーリーの記憶がないものだから、ラストもどうなったのかさっぱり覚えてない……(^_^;)

原作アニメが70年代に制作されただけあって、設定や小物もレトロ感満載。
食料が缶詰(レトルトじゃない)だったり、メモ書きや書類がしっかりペーパー(紙そのもの。燃えるシーンもあった)だったり、モビルスーツの操縦がボタンぽちぽち、レバーがしゃんがしゃんだったりw
一番レトロだなーと思ったのが、シャアがずっとサングラスだったりwww 
未来の話なのに、古いなーというのがたくさんあって、そういうのも現代風にアレンジせず、オリジナルに忠実なのが素晴らしいです。
あと、今の漫画にはない人間臭いドラマがとっても良かったです。最近のは、キャラ萌えがメインで、ストーリーがおまけみたいなのが多いので、こういうのもっと読みたいなあ。


その他、半額祭りで買った漫画。
B00P23YGOQ燐寸少女<燐寸少女> (角川コミックス・エース)
鈴木 小波
KADOKAWA / 角川書店 2014-11-04

by G-Tools

↑表紙とレビューがよかったし、サンプルの続きが気になったので購入。
……期待外れだった。どれも読みやすいし話もまとまってるんだけど、何かが物足りない。レトロな絵柄だから時代物とかがあればまだよかったんですが。ブラックな一発芸のような作風に好みが分かれそう。
posted by 夏 at 21:08 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

ゴールデンカムイ 1~4

B00T3XVB9Eゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル
集英社 2015-01-19

by G-Tools
『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

面白い!!!としかコメントしようがないほど、面白い!
時代もだし、キャラもストーリーも、謎も、そしてあまり知られていないアイヌの暮らしと、エンタメだけでなく、歴史ものとしても楽しめます。
話全体はシリアス。でもギャグが秀逸なため、まったく暗さはありません。残酷なシーンもありますが、それが気にならないぐらい、主人公たちの生き様がかっこ良いです。
ここ最近、呼んだなかでもっとも続きが気になる作品。
posted by 夏 at 19:46 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

ふしぎの国のバード 他

B00X93LPCMふしぎの国のバード 1巻<ふしぎの国のバード> (ビームコミックス(ハルタ))
佐々 大河
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-05-15

by G-Tools

時は明治初頭。東京から蝦夷まで、地図なき道を旅したイギリス人がいた。その名はイザベラ・バード、冒険家。彼女の目的はただひとつ、滅びゆく日本古来の生活を記録に残すこと。通訳の伊藤鶴吉をひとり連れ、日本人すらも踏み入ったことのない奥地への旅が、今はじまる!

角川半額祭りをきっかけに見つけた作品。まだ1巻目だけど、かなり期待がふくらみました。
まず時代。明治初頭の日本。しかもよくある幕末新選組系じゃなく、きちんと庶民の暮らしを描いているのがとってもよかった! 実在したバード女史が妙にかわいいのがひっかかりますが(実際はもっと冷静で落ち着いた人)、漫画だから親しみやすいキャラにしたためでしょう。
エンタメとしても面白く、歴史好きはもちろん人情ものが好きなら楽しめます。
カラー写真で蘇る美しい昔の日本【幕末・明治・大正・昭和初期】
アメリカ人が描いた江戸時代(幕末・明治初期)の人々と生活
↑背景や江戸の人々の描写が、古写真や当時の挿絵そのままなのがよくわかります。再現度が半端ない。

その他 角川半額セール祭りで購入したマンガ

B00T5W76ZQアンゴルモア 元寇合戦記(1)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)
たかぎ 七彦
KADOKAWA / 角川書店 2015-02-10

by G-Tools

↑元寇襲来と戦う物語。誰もが知っている元寇。だけど、それをテーマに扱った漫画を読んだのは初めて。小説でもあったっけ???というぐらい、マイナーな題材。
そして圧倒的な強さの元軍。対馬で死闘が繰り広げられるのですが、3巻の時点ではまだまだ日本側は劣勢です。よくあんな強大な国と戦って勝ったよな……、と結末知っていても、残酷な敵達に驚きです。
これは面白い。続きが気になります。
朽井迅三郎にデジャブがあるな、と思ったら、レビューで「新城直衛」とあって納得。うん、そっくりw

B00JX8DUS4あれよ星屑 1巻<あれよ星屑> (ビームコミックス)
山田 参助
KADOKAWA / エンターブレイン 2014-04-25

by G-Tools

↑戦後まもない東京を舞台にした連作ドラマ。
ちょっと感想がむずかしい作品ですが、今まで読んだことのない作風がよかったです。良くも悪くも、戦争がいろんなものを変えてしまい、戸惑う人々の生活が描かれています。ぐわーと盛り上がるシーンはないんだけど、じわじわ~と沁みていく内容。
昭和レトロな絵柄と会話が好み。どちらかといえば、やや成人向け。ストーリーが一本道でないため、その後はどうなるのかな?
【日本カラー写真】昭和20~30年代の懐かしい風景と人々の生活
↑復興前の日本をカラー写真で見ることができます。
posted by 夏 at 19:37 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする