2016年11月05日

Bookend Desktopの書籍をタブレットに移行できなかったら?⇒諦めろ…涙

4年以上前に購入した新書のPDF版をタブレットで再読したくなって、Androidに移行しようとしたらすでにサービスそのものが終了していました。書籍の販売は終わって、購入した作品だけ閲覧できる状態。
その前にも一度、試してみたんだけどアプリそのものが起動せず、久しぶりにデスクトップ版を使ってみたらバージョンアップされていたから、今度こそできるかも?と期待したら、端末移行そのものができなくなっていました。

ということは、ウィンドウズPC以外ではもう読めないっていうことですね……。読めないよりマシだけど、ノートパソコンは画面が横長だからすごく読みづらいんです。
当時、キンドルがまだ日本で開始されていなかったから、仕方なくその新書だけのために(絶版だったから)、わざわざアカウント取って購入したのに。腹立たしい。
結局、サービスが終了したら、読めなくなってしまう現実を突きつけられました。

以前はPDFのロック解除するソフトもあったようですが、今はそういうのもかなり厳しくなってしまったらしく、個人用途でも使用できません。電書の仕様があまりにもクソッタレだから、個人で読めるようにしたいだけなのに! あまりにも規制が厳しすぎてがっかりです。返金してほしいぐらい。

だから電書を購入する時は、大手のアマゾンに集中するのも仕方がないです。日本の会社も頑張って欲しいけど、大手じゃないとサービス終了する可能性が高いから、同じお金を払うのならアマゾンを選択せずにいられない。
次点で楽天コボ。楽天は採算取れなくなったら、即座に撤退するイメージがあるから、漫画しか購入してないです。

だから資料系は書籍を購入するのが安全。いつでもどこでも失くしたり燃やされたりしないかぎり、読めますから。だけど紙の本は最近、どんどん値上がりしているんで、気軽に買えないのも悩み。
一冊二千円、三千円は当たり前の世界ですから……。
posted by 夏 at 20:40 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

昨今、視聴率が落ちたとはいえ、やはりテレビ番組の宣伝力はすごい

銀の手帖@読書メモ: ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む―4万5千キロを競ったふたりの女性記者
↑11/4の昨日、記事に尋常でない訪問者数がありました。ほとんどが検索。
いったい何があったのかと調べてみたら、NHKの番組で資料として使われた書籍だったようです。
ふだん、ほとんど訪問者がないブログだから驚きました。しかし、そのページ以外はほとんどアクセスなかったから、そこだけ読まれて去られたのが少し寂しい。ほかにたくさん紹介しているのに……(^_^;)
どうやら、ネリーとエリザベス、どちらが勝者だったのかを知りたかったようです。発信元のブログでは見てからのお楽しみ、とあったから。

紹介している書籍、ほとんどがベストセラーにならないマイナー系、しかも翻訳ものが大半ですけど、こんなこともあるんだーと驚きました。
しかしまさかの売れ過ぎで、アマゾンで品切れになっていたのが残念。うちのブログ経由で購入された方は一人もいませんでした……涙

というわけで、ほかの書籍もたくさん紹介していますので、よかったらブログを読んでみてください。熱の入った感想は、かなり面白かったのでわかると思いますw
posted by 夏 at 12:07 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

創作に影響するかもしれないヘイトスピーチ問題

「ヘイトスピーチ」とは、持って生まれたものや変えられないもの(性別や国籍など先天的なもの)や、宗教や思想などの属性を有する集団に対して、「憎悪的・侮辱的・差別的」な表現をすることです。ヘイトスピーチの対象には、「性別」「職業」といったものから、「人種や皮膚の色」「宗教」「国籍」「民族」といったものまで様々あります。http://blogos.com/article/97805/


民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止を目指し、大阪市が市議会に提案した全国初の条例案が、早ければ15日にも可決・成立する公算 : 大艦巨砲主義!
↑大阪市内だけの問題かと思ったんですけど、どうやらインターネットもその対象に入るらしくて、国民全体に影響がありそう。
要するに「これは民族的差別だ」と大阪市(在住人限定?)の被害者が訴えれば、大阪市がその裁判費用を貸しつけて、加害者とされる人物の氏名を公開するそうです。

もちろん差別そのものは良くないです。なんの根拠もないのに感情論だけで○○人は嫌いだというのは問題です。
心配なのは創作にもその影響が出るのかもしれないということ。
たとえば某国人が登場するネット小説を書いたとします。その某国人が不良等の悪役で登場し、日本人がイジメ等の被害者になる設定で、それを読んだ大阪市に在住する某国人が「これは差別だ、不快だ!」と思ったら、裁判沙汰に発展する可能性があるわけです。しかも、氏名を公表されるわけですから、私生活にも影響がでます。最悪、仕事を解雇され、夜逃げ同然の引越をし、改名する必要があるかもしれません。

そんなことはまずないと思いますが、もしその小説の作者が個人的な恨みをかっていたら(人気を妬んだ逆恨みとか)ありえないとは言い切れません。
だから10年以上前から、人権擁護法案系の話題を見かけるたび、私は心配でした。創作にも影響が出るだろうと。
定義がはっきりしていないから、何が差別的にあたるのか曖昧なのがもっとも怖いです。

条例反対はもちろんですが、創作側の人間としての対処法は、特定の民族に該当しそうな人物はまず書かない。名前も出さない。存在しないような設定にしておく。
ファンタジーでも特定の民族を連想させるような名前や国名、衣装も避けたほうがいいかもしれません。定義が曖昧ですから、何がいつ条例にひっかかるかわからないからです。

あと、読書感想も、○○人が登場した作品の感想は当たり障りのないものにしておいたほうがいいです。
歴史関連の書籍を読むと、どうしても当時の民族間の問題も出てきます。
タブーに関連しそうな内容だったら以前から注意しているのですが、それがかえって、自由な歴史創作そのものを萎縮させかねないような気がして、残念だなと思います。
posted by 夏 at 15:27 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

猫が餌を食べてくれない……涙

もうすぐ15歳になるわが家の飼い猫が、ご飯を食べなくなりました。
口内炎があって、前から薬をやったり、時々注射をしていたんですけど、先週吐血してから、ぱったりと食欲がなくなったみたいです。
水を少し飲むだけであとはじっとしてるだけ。
病院つれていったんですけど、よくならないし、もう寿命なのかな…………涙、涙、涙。

猫が来た翌月に、始めてインターネットでホームページを作成しました。
その当時はまだ、デジカメは高価だったものだから、トイカメラを買って子猫だった姿を撮影。が、あまりにも画像が荒くて、使い物にならなかった思い出があります(^_^;)
半年ぐらいだったかな、昔作ったサイトにその写真載せたのは。
それから15年近くたちますが、もうそんなにすぎたのかーと、月日の流れは早いものです。
明日、流動食を買ってみるけど、食べてくれますように。↓More↓
posted by 夏 at 19:58 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

無料Webサービスの広告表示はとても巧妙(汗

英国執事とメイドの素顔 | 19世紀イギリスに実在したリアルな使用人とヴィクトリア朝豆知識。を普段使わないブラウザとタブレットで閲覧したら、上下にずっと付きまとう横いっぱいのバナー広告が表示されていましたよ。
有料サーバーのはずなのにどうして? ブラウザが広告???
と数日悩んだ挙句、もしかしたらと思って1月ごろからレンタルしていたカウンター等を外してみると。
犯人はそれでした。

巧妙なのは、PC閲覧してるとバナー広告が出ないこと。だからつい最近まで気が付きませんでしたし、いつも使ってるタブレットブラウザは広告ブロックつけてます。
タブレットならまだいいけど、スマホで閲覧しているとかなり邪魔そう。持っていないので動作確認できないので、すぐに気がつかなかったのもあります。

あと無料レンタルブログも、PCだと広告少ないのに、タブレットで見るとバナーたくさんなのもありますよね。あれもなかなか巧妙だな、といつも思います。
おそらくPCからだとあまりクリックされないから、モバイル用に広告多く表示させているのでしょうね。マウスだと避けやすいけど、指フリックだとたしかに間違ってクリックしてしまうことよくあります(^_^;)

配布CGIを設置しようかな、でも面倒だな、と考えていたら、ふとワードプレスだったらプラグインがあるかも?と検索。なかなか使いやすいの見つけました。Count per Day。設置が簡単すぎて拍子抜けw もっと早く気がつけばよかった~(汗
posted by 夏 at 20:51 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする