2014年11月24日

芙蓉千里 全4巻

4041005329芙蓉千里 (角川文庫)
須賀 しのぶ
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-10-25

by G-Tools
「大陸一の売れっ子女郎になる」夢を抱いて哈爾濱にやってきた少女フミ。妓楼・酔芙蓉の下働きとなった彼女は、天性の愛嬌と舞の才能を買われ、芸妓の道を歩むことになった。夢を共有する美少女タエ、妖艶な千代や薄幸の蘭花ら各々の業を抱えた姉女郎達、そして運命の男・大陸浪人の山村と華族出身の実業家黒谷…煌めく星々のような出会いは、彼女を何処へ導くのか!?…女が惚れ、男は眩む、大河女子道小説ここに開幕。

満州を舞台にした少女小説。一般向けにかかれているためか、コバルト系のノリが少し大人っぽい表現になっていました。いわゆる微NGワード満載w
どのキャラも魅力的で、わくわくするストーリーも健在。流血女神伝シリーズのような躍動感いっぱいの物語です。そしてあの時代の満州らしいのが馬賊。中原の虹にもあったように、残酷なんだけど、熱い男たちの戦いも楽しめます。
前半の芸者編では男爵の次男、黒谷との恋、後半では放浪者の山村との恋があるところが、ロマンス。国境を越えた恋愛が大河ドラマのよう。
がしかし、ただのロマンスじゃないのが須賀さんらしいw
苦い恋愛だけでなく、アクロバティックな活躍をするヒロイン、フミの奔放さに胸がすきます。男たちもかっこよすぎ。女性に甘々じゃないのがかえっていい。

そしてラストはまさかの○○と結ばれるとは、予想できなかった。どちらを取るのか、という読者の思いをすっとばした展開が豪快で笑えました。(内容は真面目だけど、本当に驚いたんだもんw)

全四巻という長さもちょうどよい加減で楽しめる娯楽小説です。
満州を舞台にした作品って少ないのもあって、それも個人的にはたまりませんでした。
posted by 夏 at 20:01 | TrackBack(0) | 小説-文学・他 | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

ベルカ、吠えないのか?

4167717727ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)
古川 日出男
文藝春秋 2008-05-09
楽天ブックス
by G-Tools
キスカ島に残された四頭の軍用犬北・正勇・勝・エクスプロージョン。彼らを始祖として交配と混血を繰りかえし繁殖した無数のイヌが国境も海峡も思想も越境し、“戦争の世紀=20世紀”を駆けぬける。炸裂する言葉のスピードと熱が衝撃的な、エンタテインメントと純文学の幸福なハイブリッド。文庫版あとがきとイヌ系図を新に収録。

アラビアの夜の種族を読んでいたため、今度はフィクションにちがいないと思いながら読みました。嘘をつくのがすごい巧妙な作家さん(笑)

内容はハードボイルドな犬の系譜物語に、二人称で語られるという珍しい文体。こんな小説、読んだことない。躍動感もあって前半は面白かったです。

残念ながら後半になると話を一挙にまとめようとしたのか、駆け足で政情とともに語られていきます。話がぶつ切りになってしまうため、物語に入り込めなかった。あと、現代編の少女の物語も前半でほぼ語られてしまったため、「これだけ?」とちょっとがっかり……。
もっと何がほかの事件が起きるんじゃないかと期待したんだけど、代替わりがオチだったとは。それにしてもかわいくない少女がかえってよかった。あえて美少女を登場させないのが粋w

人間ドラマが少ないぶん、軍用犬たちの熱くて血なまぐさいドラマはすごかったです。生きるためにサバイバルする犬達が、かっこいい。ペット犬じゃない、強く野性味あふれる力強い犬。

初めて宇宙に行ったライカ犬が物語の象徴となっているためか、犬たちの魂が戦争ばかりする人間界を見下ろしているような読後感でした。当時の指導者たちの話し方がざっくばらんなのには、笑った。
posted by 夏 at 21:08 | TrackBack(0) | 小説-文学・他 | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

博士の愛した数式

4101215235博士の愛した数式 (新潮文庫)
小川 洋子
新潮社 2005-11-26
楽天ブックス
by G-Tools
家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。

第一回本屋大賞受賞とあるから、もっと軽いぶっ飛んだ内容かと思ったら、意外にもちゃんとした文学でした。もしかして一回目だから?(笑

話題になっているだけあります。まず文章がとても読みやすくて、登場人物たちはみな親しみやすい。そして異色なのがタイトルにあるように、記憶を80分で失ってしまう数学博士の存在。
偏屈というか、そもそも記憶が80分しかもたないから、どの家政婦さんも嫌気がさして続かないという、ブラックリストのお客さん。そんな彼と「私」そして小学生の息子「ルート」が交流するうちに芽生える友情のお話です。

数学博士らしい、細かいやりとりの描写が素晴らしくて、スーツに貼りつけたたくさんのメモがとくに良い。記憶を失う代わりに、博士が記憶すべきことをメモするんだけど、そのなかに私とルートがしっかりと拙い似顔絵で書かれるのが微笑ましいです。そして悲しい――はずなんだけど、だんだんと記憶を繰り返し失う博士の生活に合わせる親子。
やがていっしょに野球観戦したり、誕生日パーティーできるようになる姿がほんとうに微笑ましかったです。
途中、何度も数学の話が出てくるけど、苦手なわたしにはさっぱりわかりません。それでも博士が話すと、さぞかし数学の世界は美しいんだろうなと、思わせる会話が印象的でした。

暗くなりがちな話をあえて、人情たっぷりのホームドラマに仕上げるという、その発想がすごい作品でした。
正直なところ、80分で記憶を失うような人のお世話は、家政婦さんだけじゃ厳しいと思う。80分ごとにタイムスリップしながら生きているようなものだし、混乱してメンタルがおかしくなりそう。普通に生活できるのか?と。 だけどあえて深刻な部分をマイルドにしたからこそ、たくさんの読み手に受け入れられたのでしょう。どちらかといえば文芸というより、非現実なファンタジーっぽい。
posted by 夏 at 22:58 | TrackBack(0) | 小説-文学・他 | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

ミノタウロス

4062766515ミノタウロス (講談社文庫)
佐藤 亜紀
講談社 2010-05-14
楽天ブックス
by G-Tools
話題を攫った、ピカレスクロマンの傑作! 舞台はロシア革命直後のウクライナ地方。成り上がり地主の次男坊ヴァシリは、父の死後ドイツ兵らと略奪、殺戮を繰り返す。’07年度吉川英治新人賞受賞作。

救いようのない物語。何がって、戦争……もあるけど、主人公の生き方があまりにも刹那的。胸が悪くなる反面、ドライな主人公視点なのもあってとても読みやすかったです。

前半は田舎地主の息子として生活をする少年時代、後半は生きるためにひたすら略奪と殺戮を繰り返す日々になっています。いったいどこで道を間違えたのか、と思うにも主人公にぼくにもよくわかりません。あのときが、と回想はあるものの生まれついた悪人というか、良心がない性格です。子供の時からとても冷めた視線で物事を見て語ってますし、女性への扱いもまるでペットや物のよう。
悪知恵が働くというより、頭の中が刹那的で情がないものだから、あっという間に人の道を踏み外すのかもしれません。人を殺しても葛藤というものがないのが怖い。現代で言うモンスターの心を持った人間。○○だったから仕方ないよね、といった具合。

対照的な兄はぼくとちがって物静か(というより感情がない)なんだけども、やはり血筋なのか女中を手当たり次第に手篭めにしています。そして戦争から傷病兵として帰還するも、顔の半分が砲弾に吹き飛ばされて失ってしまうことに。いつもハンカチで顔の半分を覆う姿は、まるで頭が獣で身体が人間のミノタウロスのようだなと思いました。タイトルにあるからつい連想。

いっぽう、ぼくは姿こそ人間のままなんだけども、やることなすこと獰猛な獣のようなのもあって存在がミノタウロスそのもの。
タイトルのように主人公はひたすら略奪と殺戮を繰り返すうちに、行きずりの仲間まで殺してしまってラストは予想通りでした。それでも途中までは外国へ逃亡するのか、と淡いハッピーエンドを期待していたけど、だんだんとあまりの非道ぶりに同情すらわかなくなって、自業自得のオチに納得です。
それぐらい救いようのない主人公たちがかえって清々しいです。読み手が同情しても、そんなもの不要とはねつけそうな勢いの展開。まさしくピカレスク。
あと気になるのが、もしそのまま平和な生活が続いていたら、みんな平凡に生きていたのかな、と。生きるか死ぬかの狂気的日常になると、力こそ正義になってしまうのがおぞましいです。
あと、シチェルパートフと主人公の関係が、天使のそれと似ている。そういう設定がお好きなのかも。父子に似た渋い上下関係に萌えるw

舞台が1918年ごろのウクライナというマニアックさで、しかもその場にいるような描写力がすごい作品でもありました。先日読了した鏡の影も同様。べつの作品を読むたびに「すごい作家さんだな」と思わずにいられません。それでいて読みやすい文章もすばらしいです。あと、作者が作品をかなりドライに突き放しているのもなかなかお目にかかれないレベルで、日本人作家にはめずらしいほど。
ただどの作品も読み手を選ぶためか、ベストセラー小説になれないというジレンマがもったいなくもあります。好き嫌いがはっきりと分かれるから仕方ないのかな……。
タグ:★★★
posted by 夏 at 19:56 | TrackBack(0) | 小説-文学・他 | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

わたしを離さないで

4151200517わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
カズオ・イシグロ 土屋政雄
早川書房 2008-08-22
楽天ブックス
by G-Tools
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点。

以前から読もうと思っていた作品。前評判のとおりでした。
文章が淡々としていて、登場人物たちもごくありふれた人間として描かれているのに、SF的なテーマとの落差がすごい。SFそのものを期待したらがっかりしますが、こんな文学あり?というか。
あまり書いたらネタバレになるので控えますが(最近、こればかり・苦笑)、謎はうすうすわかっていても、マダムと再会したシーンは衝撃が走ります。あまりの無常感に。
しかも主人公たち、運命を受け入れているようで、遠くへ逃げる、という選択肢がないのもどうしてだろうな、とは思いましたが。そのあたりはまったく語られておらず、(脱走したら処刑されるとか?)、ただただ淡々と日常的な描写に終始しています。
そのあたりに好みが分かれるかもしれませんが、静かで深いのに破天荒な作品です。

主人公キャシーの親友、ルースとの関係がとってもうまいです。以前、「わたしたちが孤児だったころ」を読んだときは少年同士の友情でしたが、こちらは少女らしくってどろどろした思いが炸裂しています。ほんとはルースが悪いんだけど、彼女のほうがリーダー的存在だからキャシーがあれこれ気を使ったりするのも、リアリティありすぎ。あと、はっきりと書かれてはなかったけど、キャシーとトミーがカップルになるのを阻止するために、自分がさきに手を出していつの間にやらガールフレンドになっているのも、怖すぎ。
つまりトミーが好きというより、キャシーが幸せになるのがいやだったのでしょうね。
少年同士だったら友情だけど、少女同士だとどうしてもライバルになっちゃうのかな。

そんなこんなでの孤児院やコテージでの生活ですが、じつは……というオチを知ったら、それも作者の狙いだったのかな、と感慨深いものがありました。
エミリー先生とルーシー先生、どちらが正しいのか。その先は読者に委ねた読後感でした。
読んでいるときは純粋に物語を楽しんでいるんだけど、読後にいろいろ考えさせるという、すばらしい文学作品だなあ、とも。わたしたちが孤児だったころと、テーマが似ていました。ノスタルジーの喪失感。

映画化されていました。表紙が雰囲気にぴったり。

↓More↓
posted by 夏 at 18:21 | TrackBack(0) | 小説-文学・他 | 更新情報をチェックする