2010年05月23日

ツィゴイネルワイゼン~ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリン

B000V2RWM6ツィゴイネルワイゼン~ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリン
ハイフェッツ(ヤッシャ)
BMG JAPAN 2007-11-07

by G-Tools

調べものをしていたとき、たまたま見つけたアルバム。そういえばヴァイオリン演奏の曲をまったく知らないな、と思って試聴したら気に入って、購入。
クラシックは無知なので、とくにコメントはできませんが、すばらしいアルバムだとだけ感想を書かせてください。

ほかにもいろいろ検索してみたら、クラシックの世界は奥が深いと知って、いくつか購入したくなった曲があります。同じ曲でも奏者によって、これだけちがうんですね。はあ、すごい(ため息)
↓more↓
posted by 夏 at 21:46 | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ジャミロクワイ

B00000295AEmergency on Planet Earth
Jamiroquai
Sony Soho Square 1993-08-12

by G-Tools


B000002BSGTravelling Without Moving
Jamiroquai
Work 1997-01-16

by G-Tools


B000026NWEThe Return of the Space Cowboy
Jamiroquai
Ss2 2001-12-10

by G-Tools


B0000258IKSynkronized
Jamiroquai
S2 1999-06-16

by G-Tools


B00005NZKMA Funk Odyssey
Jamiroquai
Sony Soho Square 2001-09-12

by G-Tools


B0009ORGXQDynamite
Jamiroquai
Unknown Label 2005-01-01

by G-Tools


10年以上前から好きなアーティスト。
聴きやすくてかっこよくて、それでいて飽きない。かなりお気に入りです。
あまりアルバムが出ていないけど、どれもレベルが高いので70年代っぽいポップスがお好きならおすすめです。

……とか書いておきながら、2005年に発売されていたアルバムを先日購入しました。CD買うことそのものがほとんどなくなって、気に入ったのをくり返し聞くぐらい。
データのみじゃ、パソコンが不調になったとき困るし、CDならいつでも取り込めるのが安心。輸入版ならかなり安いから、金額的な負担も少ないですしね♪
posted by 夏 at 16:44 | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

さよならマイケル・ジャクソン

B000001A9YThe Ultimate Collection
The Jackson 5
Motown 1996-01-23

by G-Tools


6.25日のマイケル・ジャクソンの訃報。
なんていうか夢みたいです。

80年代の初め頃は、テレビをつけたら毎日のようにマイケルの踊って歌う姿を見ることができました。ミュージックビデオを流して、アルバムの宣伝。小学生の当時から、アメリカの大スターの一人がマイケル・ジャクソンなんだと思っていたものです。バブルス君という猿を飼っていたのも印象的。
それからさらに整形してどんどん顔が変わっていき、数年前に裁判沙汰。ネバーランドという豪邸が、大人になりきれなかった大スターの末路みたいで、なんだか痛々しかったです……。

そんなマイケルの歌のなかで、私が好きなのはまだジャクソン5だったころのもの。アルバムも持っているのはそれだけですが、70年代当時のソウルフルなリズムと、マイケルの澄んだ歌声が素晴らしいです。
まさか、こんなに早く、しかもあっけなく亡くなるとは……。
お悔やみ申し上げます。

最近、いろんな大御所が若くして亡くなられて、喪失感ばかりの心境。
posted by 夏 at 21:46 | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

Here I Am: Ron Isley Sings Burt Bacharach

B0000C9ZK5Here I Am: Ron Isley Sings Burt Bacharach
Ron Isley Burt Bacharach
Dreamworks 2003-11-11

by G-Tools

最近はロックよりもオールディーズなポップスを無性に聴きたい気分。そこで超ひさびさにアルバムを購入。昔とちがってネットでいろいろ視聴できるのが良いですね。ストアだと最新版しか試聴できないし、出かけるのが面倒。

Painted from Memory↓を購入するつもりが、視聴して思わずこちらを注文。コステロの甘いボーカルも良いけど、アイズレイの落ち着いた甘さも絶品です。
バカラックはともかくアイズレイなるブルース歌手はまったく知りませんでした。それでもなんだか懐かしくてそれでいて、圧倒的な歌唱力は、何度聞いても飽きません。
上質で正統派のポップスを聴きたいときにおすすめ。手放せない一枚になりました。
個人的には↓以上に好きかも。(コステロはたくさん持ってたけど、甘すぎてちょっと飽きてきたところ・汗)
Painted from MemoryPainted from Memory
Elvis Costello with Burt Bacharach

by G-Tools


The Glory of GershwinThe Glory of Gershwin
George Gershwin Peter Gabriel Kate Bush

by G-Tools

↑リリース当初に購入して、いまだ飽きないジャズアルバムもついでに紹介。アレンジが程よく、かなり聴きやすいと思います。
ガーシュウィンを聴くと古き良きアメリカの空気を、耳でいっぱい感じられます。
別のアーティスト目的で購入したのに、アルバムそのものがお気に入りになりました。トリュビュートアルバムなんで、当時のオリジナルが欲しいなあ……とも思っていたり。
posted by 夏 at 21:32 | TrackBack(1) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ルパン三世 THE 1st SERIES ANTHOLOGY

B00008BDEEルパン三世 THE 1st SERIES ANTHOLOGY - MUSIC by TAKEO YAMASHITA
山下毅雄 チャーリー・コーセイ よしろう広石
コロムビアミュージックエンタテインメント 2003-03-21

by G-Tools

@TOWER.JPで試聴


再放送を見ていた当時(義務教育時代)は、かっこよさがわからなかったファーストルパン三世。が、あるきっかけでふたたび見てみたら、あまりのハードボイルドさに惚れ直しました。
コミカルでオシャレなセカンドとは異なった、寂しげな70年代ロックが心地よい。ラストの歌詞も当時は「?」なのに、歳を食った現在ではかっこいいったらないです。もうツボ。

しかし当時の音源であるマスターテープがみつからないため、テレビ放映のオープニングとエンディングのさまざまなバージョンが収録されています。というか、これだけのバリエーションがあったなんて、どこまでも凝ったアニメだったんですね~。
当時は斬新すぎて大人向けだったため視聴率がとれず、半年で打ち切りになったのが惜しいほどです。初期のクールなルパンはほんと、サウンドのようにかっこいいのになあ。

あと甘いボーカルのチャーリー・コーセイ氏ですが、日本で育ったアメリカと中国のハーフのお方だったんですね! てっきり日本人がノリでつけた芸名なのかと思い込んでました(^_^;

ただひとつ難だったのは、バリエーションがちがうだけなので、同じ曲を何度も聴くこと。SEありなしやセリフちがい等、マニアじゃない自分には早く飽きがきそう……。
posted by 夏 at 23:16 | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする