2017年02月11日

オペラの運命 十九世紀を魅了した「一夜の夢」


オペラの運命 十九世紀を魅了した「一夜の夢」 (中公新書)
オペラ――この総合芸術は特定の時代、地域、社会階層、そしてそれらが醸し出す特有の雰囲気ときわめて密接に結びついている。オペラはどのように勃興し、隆盛をきわめ、そして衰退したのか。それを解く鍵は、貴族社会の残照と市民社会の熱気とが奇跡的に融合していた十九世紀の劇場という「場」にある。本書は、あまたの作品と、その上演・受容形態をとりあげながら「オペラ的な場」の興亡をたどる野心的な試みである。

いわゆるオペラの歴史です。ただし作品の解説ではなく、あくまでもオペラの始まりから衰退までの流れです。劇場=オペラ空間と観客たち、に焦点があてられているという、まさに歴史書でした。そこがよかったです。

オペラは17世紀、絶対王政のバロック時代のイタリアが発祥。王が資金に糸目をつけず、豪華絢爛な舞台を祭りとして披露したのが始まりです。
ギリシャ悲劇復興をテーマにした宮廷舞台でしたが、内容はそっちのけ。とにかく非現実を演出する一大スペクタクルの祝賀祭典でした。(オペラ・セリア)
そのとき大活躍したのがカストラートという、男性歌手。男なのにまるで少年のような声で歌う姿で、人々を魅了したのです。以前、映画のノベルズを読んだのでこちらを参照。
面白いのは同じキリスト教でもカトリックだったからこそ、実現可能だったオペラであること。勤労と清貧を信条とするプロテスタントだとありえないお金の使い方だったそうです。

やがて18世紀後半、ロココ時代になると、モーツァルトが登場します。
バロック時代のオペラはあくまでも宮廷行事であり、庶民はもちろん市民が観賞することは不可能でした。王族貴族の贅沢な行事に、市民たちに非難されるようになります。啓蒙と王の力(財力)が落ちていった時代でもありました。
そんなとき登場したのが、オペラ喜劇(オペラ・ブッファ)。将来の凋落を予感しはじめた貴族たちが夢中になって、馬鹿騒ぎの劇を楽しむようになります。
そんなとき、颯爽と登場したのは作曲家であり、戯曲家のモーツァルト。有名なのがフィガロの結婚です。
当時、大仰で格式張ったオペラ・セリアは飽きられ、陽気な喜劇は人間的な男女が舞台に立ちました。どたばたの恋愛劇な人間臭いドラマへと変化します。当時のオーストリア皇帝、ヨーゼフ二世も大の喜劇好きでした。とくにモーツァルトが、人間的なドラマを描くのが得意でした。

フランス革命を経て、19世紀になると、フランスでは庶民たちが力を持つようになります。贅沢ができなくなった貴族の代わりに、成金――ブルジョワたちが貴族社交界の真似事として、オペラを観賞しました。
しかし教養があまりないブルジョワたちには、オペラ観賞は退屈そのもの。そして社交が目的だったため、観賞そっちのけで、ボックス席の客同士で雑談やトランプをして楽しみました。
ブルジョワたちのためにオペラは理解しやすく、壮大なものへ変わります。歴史や外国の風景と、コスチューム姿の群衆で再現し、メロドラマ的な作品が大流行します。(グランド・オペラ)
現代でいう、エンターテイメント化して、中流階級だけでなく庶民も平土間でオペラを楽しみました。

19世紀なかばに登場し、国民オペラを作ったのがワーグナー。オペラを知らなくても、その名前はだれもが聞いたことがあるほど有名です。
当時のドイツはオペラ後進国でした。なぜなら、オペラ作家を目指すにはイタリアかフランスへ留学するのが前提だったからです。しかし自国のオペラがないことにドイツの人々は不満を持ってました。
そんな時代、放蕩王で知られたバイエルンのルートヴィッヒ二世がパトロンとなり、ワーグナーを支援。彼は壮大なドイツ神話のオペラを作曲しました。ニュルンベルクの指輪、がそれです。
王の莫大な支援があったからこそ、できたオペラともいえます。その豪華絢爛な劇は、バロック次代から続く、非現実な一大スペクタクルの空間を作るオペラの本質そのものでした。

ほかにも隆盛を極めたオペラは文化の象徴になり、ブラジルやエジプトでも作られ、上演されました。しかし作曲はほとんど、イタリア、フランス人だったといいます。(エキゾチック・オペラ)

そんなオペラも第一次世界大戦後、一気に衰退しました。なぜなら、あまりにも悲惨な戦争だったため、人々は作り物の悲劇や豪華絢爛舞台に興味がなくなったのです。
そしてフィルム映画の登場で、さらにトドメを刺されてしまい、現代のように古典としてオペラは存続しています。

西洋の近代歴史が好きだったらおすすめです。オペラに興味がなくても、文化史として楽しめます。
タグ:★★★
posted by 夏 at 20:51 | TrackBack(0) | 西洋史(雑学・専門) | 更新情報をチェックする

NAVERまとめにある記事を移転させました

twitterにも投稿しましたが、すぐに流れてしまうだろうからブログにも投稿しておきます。



まとめの内容を読まずに機械的に削除しているのが丸わかりです。
でも粘っても面倒なので、すぐに移転させました。そもそもまとめに固執するほどアクセスある記事じゃないですし、以前より読まれなくなったなーと思っていたのでよい機会でした。

移転先⇒偉人たちの素顔~世界史コラム
http://history.ashrose.net/

話は変わりますが、Amazonアソシエイト用リンクでお世話になっていた、G-Toolsさんが消失してしまいました。十年ぐらい使っていたのでショックです(T_T)
貼り付けるとき、お世話になっているのもあって、G-Toolsさんへのリンクをつけたままにしていました。が、リンク先がページ無しの状態だから、グーグルペナルティで検索がさらに減るかもしれません。
かといってすべて消すにはあまりにも数が多すぎて…………。
復活してくれれば一番ですが、怪しいサイトになってしまったら困るなと、悩みです。
だからこれからリンクを貼る時は、公式から作成していくのが面倒でも一番堅実。Amazonが閉鎖することはまだまだないだろうでしょうからw

一応、検索してみたら別ドメインでまだありました。
でもリンク作成したあと、会社名リンクをクリックしてみたらやっぱり前のまま(^_^;)
ということは、本家ドメインも管理されていない可能性があります。していたら、消失したドメインも更新するでしょうから。

追記
翌日、リンク先が復活していました。
ああ、よかった。
また利用するかどうかは検討中です。
便利だから継続したいんだけどな、悩み中……。
また使うとしたら、申しわけないけどツール作成元へのリンクは除外させていただきます。ブログのリンク集で紹介します。
posted by 夏 at 19:46 | TrackBack(0) | おしらせ | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

Androidタブレットを買い替えた Zen PAD3 8.0 その感想

B01M1R2Q3Qエイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル (ブラック)ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4
エイスース

by G-Tools


4年前に購入したNexus7タブレットが充電してもすぐに電池切れするから、ようやく買い替えました。
そうしたら最新だけあって、すっごい快適! 1年ぐらい前からアプリでネットすると、しょっちゅう固まっていたのが嘘みたいです。
スマホもっていないからファブレットにしようか、迷ったんですけど、やはり電子書籍を読むには画面が小さいからまたタブレットです。ネットやゲームしかしないのなら、ファブレットで充分だと思いますが。
一応、電話もできるみたい。ただ、あの大きさだと片手で持てないから無理そう。レビューには電話もしている人がいて、かなり手の大きい人なんでしょうね。それに外でタブレット電話するのは少し恥ずかしいw
シムフリーだからデータ通信のみの契約でも使えそうです。

値段のわりには高性能で良い買い物をしました。ただ、ケースがどこにもないのはNexus7同様だから、通販で注文。年末だから届くの年明けぐらいかな。
アマゾンで買うと怪しい中華業者が販売してるので、トラブルよくあるみたいです。楽天推奨。


2016年12月04日

天の血脈

B01M628S28天の血脈(8) (アフタヌーンコミックス)
安彦良和
講談社 2016-10-21

by G-Tools

え、完結?! もう少し続きそうな流れだったのに……。
というのが一番の感想でした。もともとその予定だったのか、それともあまり人気がでないために打ち切りになってしまったのか……。浦島太郎的なラストにはびっくりして、がっかりというより、複雑な読後感です。

話を無理にまとめようとしたためか、神代パートがほとんどなく、結局ご先祖様(?)たちは何のために、主人公の前に現れたのか疑問のまま。
古代と近代の謎を追うという壮大なスケールの前半。後半は政治的陰謀に巻きこまれます。
そして古代、天皇の血統は朝鮮半島とつながっているのでは、という証拠が発掘されるのですが、その謎を隠蔽するため、命を狙われ――。
おそらく、日本に帰国したあと、さらなる陰謀に巻きこまれる予定だったのでしょう。
残念なラストですが、珍しいテーマを扱っているのと、キャラが良かったので満足です。レビューつけるなら、★4。

明治時代の名士や政治家が登場するめずらしい作品です。当時の満州や朝鮮が舞台に興味があれば、おすすめの作品です。
ただ、ラストが納得できない可能性があるので、その点を考慮して読んだほうがいいかもしれません。
posted by 夏 at 15:43 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

Bookend Desktopの書籍をタブレットに移行できなかったら?⇒諦めろ…涙

4年以上前に購入した新書のPDF版をタブレットで再読したくなって、Androidに移行しようとしたらすでにサービスそのものが終了していました。書籍の販売は終わって、購入した作品だけ閲覧できる状態。
その前にも一度、試してみたんだけどアプリそのものが起動せず、久しぶりにデスクトップ版を使ってみたらバージョンアップされていたから、今度こそできるかも?と期待したら、端末移行そのものができなくなっていました。

ということは、ウィンドウズPC以外ではもう読めないっていうことですね……。読めないよりマシだけど、ノートパソコンは画面が横長だからすごく読みづらいんです。
当時、キンドルがまだ日本で開始されていなかったから、仕方なくその新書だけのために(絶版だったから)、わざわざアカウント取って購入したのに。腹立たしい。
結局、サービスが終了したら、読めなくなってしまう現実を突きつけられました。

以前はPDFのロック解除するソフトもあったようですが、今はそういうのもかなり厳しくなってしまったらしく、個人用途でも使用できません。電書の仕様があまりにもクソッタレだから、個人で読めるようにしたいだけなのに! あまりにも規制が厳しすぎてがっかりです。返金してほしいぐらい。

だから電書を購入する時は、大手のアマゾンに集中するのも仕方がないです。日本の会社も頑張って欲しいけど、大手じゃないとサービス終了する可能性が高いから、同じお金を払うのならアマゾンを選択せずにいられない。
次点で楽天コボ。楽天は採算取れなくなったら、即座に撤退するイメージがあるから、漫画しか購入してないです。

だから資料系は書籍を購入するのが安全。いつでもどこでも失くしたり燃やされたりしないかぎり、読めますから。だけど紙の本は最近、どんどん値上がりしているんで、気軽に買えないのも悩み。
一冊二千円、三千円は当たり前の世界ですから……。
posted by 夏 at 20:40 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする