2016年11月05日

Bookend Desktopの書籍をタブレットに移行できなかったら?⇒諦めろ…涙

4年以上前に購入した新書のPDF版をタブレットで再読したくなって、Androidに移行しようとしたらすでにサービスそのものが終了していました。書籍の販売は終わって、購入した作品だけ閲覧できる状態。
その前にも一度、試してみたんだけどアプリそのものが起動せず、久しぶりにデスクトップ版を使ってみたらバージョンアップされていたから、今度こそできるかも?と期待したら、端末移行そのものができなくなっていました。

ということは、ウィンドウズPC以外ではもう読めないっていうことですね……。読めないよりマシだけど、ノートパソコンは画面が横長だからすごく読みづらいんです。
当時、キンドルがまだ日本で開始されていなかったから、仕方なくその新書だけのために(絶版だったから)、わざわざアカウント取って購入したのに。腹立たしい。
結局、サービスが終了したら、読めなくなってしまう現実を突きつけられました。

以前はPDFのロック解除するソフトもあったようですが、今はそういうのもかなり厳しくなってしまったらしく、個人用途でも使用できません。電書の仕様があまりにもクソッタレだから、個人で読めるようにしたいだけなのに! あまりにも規制が厳しすぎてがっかりです。返金してほしいぐらい。

だから電書を購入する時は、大手のアマゾンに集中するのも仕方がないです。日本の会社も頑張って欲しいけど、大手じゃないとサービス終了する可能性が高いから、同じお金を払うのならアマゾンを選択せずにいられない。
次点で楽天コボ。楽天は採算取れなくなったら、即座に撤退するイメージがあるから、漫画しか購入してないです。

だから資料系は書籍を購入するのが安全。いつでもどこでも失くしたり燃やされたりしないかぎり、読めますから。だけど紙の本は最近、どんどん値上がりしているんで、気軽に買えないのも悩み。
一冊二千円、三千円は当たり前の世界ですから……。


posted by 夏 at 20:40 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

昨今、視聴率が落ちたとはいえ、やはりテレビ番組の宣伝力はすごい

銀の手帖@読書メモ: ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む―4万5千キロを競ったふたりの女性記者
↑11/4の昨日、記事に尋常でない訪問者数がありました。ほとんどが検索。
いったい何があったのかと調べてみたら、NHKの番組で資料として使われた書籍だったようです。
ふだん、ほとんど訪問者がないブログだから驚きました。しかし、そのページ以外はほとんどアクセスなかったから、そこだけ読まれて去られたのが少し寂しい。ほかにたくさん紹介しているのに……(^_^;)
どうやら、ネリーとエリザベス、どちらが勝者だったのかを知りたかったようです。発信元のブログでは見てからのお楽しみ、とあったから。

紹介している書籍、ほとんどがベストセラーにならないマイナー系、しかも翻訳ものが大半ですけど、こんなこともあるんだーと驚きました。
しかしまさかの売れ過ぎで、アマゾンで品切れになっていたのが残念。うちのブログ経由で購入された方は一人もいませんでした……涙

というわけで、ほかの書籍もたくさん紹介していますので、よかったらブログを読んでみてください。熱の入った感想は、かなり面白かったのでわかると思いますw
posted by 夏 at 12:07 | TrackBack(0) | 書籍とネットの話題 | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

ダンス・マカブル 他

B00DSGG0I4ダンス・マカブル 1 ~西洋暗黒小史~<ダンス・マカブル> (コミックフラッパー)
大西巷一
KADOKAWA / メディアファクトリー 2012-06-16

by G-Tools

中世ヨーロッパで連綿と続き、とりわけ後期では異常なほど発達を遂げた拷問と残酷な処刑の数々。特権階級を持つ貴族たちの際限のない欲望から生み出されたものや、「魔女裁判」や「異端審問」など宗教家たちのエゴから生まれたものなど、多岐にわたるそれらの拷問具や処刑法が使用された様々なエピソードをオムニバスで綴る暗黒絵巻――。

↑1巻…ジャンヌ・ダルク、ローマ皇帝カリグラ、スペイン異端審問、エリザベド・バートリー、イエス・キリスト。2巻…フランス領主ジル・ドレ卿、処刑人シャルル・アンリ・サンソン。
美しい少女、少年たちが描かれてますが、内容はかなりショッキングです。ラストは救いようがないのが多いけど、読み進めてしまう不思議な魅力を持った漫画。残酷ななかにも、人の物悲しさを美しく描いているからかもしれません。
とくに2巻目から話に深みが出てきます。処刑人サンソンについては、死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 を以前、読んでいたのもあり、彼の生きざまは、知れば知るほどだれもが惹かれるんだろうと思います。
西洋史、東洋史問わず、歴史は残酷な史実であふれています。史実をあまり知らないまま読むと、かなり衝撃的だと思います。だから、おすすめはしにくですが、西洋史が好きなら一読の価値はあります。
一番印象的だったのが、異端審問官の晴れ晴れとした顔で終わるラストの短編。神の代理人として裁く――拷問や処刑するのは正しいことなのだと信じる姿が空恐ろしいです。21世紀の現代でも、ISISが存在していますしね。人間の業は今も昔も変わらないのかもしれません。

B00XMKI2VY涙の乙女 大西巷一短編集 (アクションコミックス)
大西巷一
双葉社 2015-05-09

by G-Tools

↑こちらも残酷な歴史モノ。健気な少女や女性たちが、命をかけて戦う姿が美しい。ダンス・マカブルより若干、マイルドな表現。

B01LZBROBI逃げるは恥だが役に立つ(8) (Kissコミックス)
海野つなみ
講談社 2016-10-13

by G-Tools

↑百合さんと風見さん、これからどうなる? 親子ほど歳の離れている恋の行方が気になります。
奥さんが超年上のカップルは現実では滅多にありませんが、最近、20歳離れている姉さん女房夫婦が知り合いにいたことを知って、かなり衝撃でした。女性がだいぶ年上だとネットでは強烈に叩かれるから(高齢だと妊娠できないから価値がない等)、まさか身近にいたとは夢にも思っていなかったです。やはりネット世界で声の大きい輩は、一部の人間が騒ぐから多勢に見えるだけだったのか……(^_^;)
世間的にありそうななさそうな、現実的なカップルをテーマにしている作品らしい組み合わせ。

B01EV83LHUアンと教授の歴史時計 1 (プリンセス・コミックス)
もとなおこ
秋田書店 2016-01-15

by G-Tools

↑主人公のアンが18歳に見えない表紙だから児童書ファンタジーっぽいのかと思ったら、SFちっくな歴史モノでした。死にかけて天使になったアンが、過去のロンドンにタイムスリップして、さまざまな事件を解決するという連作です。あのチャーチル閣下が少年⇒老首相として登場するギャップが面白い。続きが楽しみ。
posted by 夏 at 19:07 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

ペット リマスター・エディション+その他

B00SXTPAGEペット リマスター・エディション 1<ペット リマスター・エディション> (ビームコミックス)
三宅 乱丈
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-02-06

by G-Tools

評判だったので読んでみました。電書カドカワ半額祭りだったし5巻で完結していたのでなんとなく。
今まであまり読んだことのないジャンルの内容でした。気功を原点とした超能力の持ち主と、その雇い主たちの愛憎と攻防劇です。絵柄も今風のキレイ系じゃなくて、ラフで力強いです。だから好き嫌いが別れそう。
読後感はよかったです。ただ、あとがきでこれは第二部とあったからでしょうか、若干、もやもやするというか、これから彼らはどうなるんだろうか、という消化不良。それでも、テーマとしての物語はきちんと完結しているので、読み応えがありました。
人間の生と死、そして人生の最良――ヤマと、誰にも知られたくない過去――タニという表現がうまいな、と思いました。それらをビジョン化しながら、ひとりの人間の心に入り込んで、彼らは闘います。ヤマを塗り替え記憶を改竄し、ヤマをくずして潰したりもします。
そんな闇の仕事に関わる彼らの人生がドラマチック。そのなかで一番、印象的だったのが小悪党だと思っていた古株社員、桂木。彼の意外すぎる過去がラスト近くに出てきます。伏線になっていたとは!
サイコ系サスペンスと若干BLっぽい設定が好きならおすすめです。
(レビューでは傑作、というコメントがたくさんありますが、個人的な感想としては★4レベルでした。どろどろな人間関係ものがあまり好みでないからかも……汗)

B01K19804Cアンゴルモア 元寇合戦記(6)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)
たかぎ 七彦
KADOKAWA / 角川書店 2016-08-26

by G-Tools

↑半額じゃなかった、残念。裏切り者の登場でますます展開が気になります。元寇、あと三日でどうやりすごすのだろう?

B01KNLFHAIあれよ星屑 5巻<あれよ星屑> (ビームコミックス)
山田 参助
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-08-25

by G-Tools

↑徳太郎の義姉との関係が気になりつつも、ストリップ劇場の猥雑さと開放感が面白かったです。いかにも昭和テイストな戦後描写が好みな作品。内容は清々しいぐらいの大人向けですw

B017QP1F5A狼の口 ヴォルフスムント 7巻<狼の口 ヴォルフスムント> (ビームコミックス(ハルタ))
久慈 光久
KADOKAWA / エンターブレイン 2015-11-14

by G-Tools

↑公弟レオポルドと戦う自由反乱軍(農民)たち。ひとつの悲劇としてまとまった内容。新たな強敵に、ヴァルターはどう挑むのか? ……という思わせぶりなラストでした。あい変わらず容赦ない残虐シーン満載と、戦死する主人公にブレがない作品。

B01IQYKNOOゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル
集英社 2016-08-19

by G-Tools

↑また出た、強敵――じゃない、変態がwww シリアスなのに笑いがたっぷりすぎ。でも、さくっと死んでしまったり残酷シーンも目白押し。北海道の大自然が美しく描写されて、読みどころたっぷりでした。今、一番続きが楽しみなマンガ。

B01JY4SIBKダンジョン飯 3巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ))
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-08-12

by G-Tools

↑失速することなく、ダンジョンの奥深くに進んでいきます。ゲームっぽいと思っていた世界観にも、きちんと背景があることがわかって、作品としての奥行きを感じさせます。もちろん、モンスター料理も楽しみ。

B01K1T8V5Uガーフレット寮の羊たち 6 (プリンセス・コミックス)
もとなおこ
秋田書店 2016-03-16

by G-Tools

↑紙本では完結していたけど、なかなか電書にならなかった作品。ようやく読めて感激でした。いつにもまして、さわやかな少年たちの友情に心温まります。少女漫画だけでなく、日本のサブカルでは滅多に描かれない紳士になる少年をテーマにした作品です。まだまだ続いてい欲しかった……。でも意外な人物が登場したあのオチは面白かった!(寄宿学校を舞台にしたBL系ならあるんですけどね。需要の問題でしょうか、私の知る限り、正統派はほとんどないです)
posted by 夏 at 19:09 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ヴィクトリア朝の性と結婚 性をめぐる26の神話

B00I7PNO26ヴィクトリア朝の性と結婚 性をめぐる26の神話 (中公新書)
度会好一
中央公論新社 1997-04-01

by G-Tools
ヴィクトリア文化は性を抑圧する文化であり、性に対するとりすました淑女ぶり、お上品主義である―このような考え方は、今世紀のみならず、当時からすでにあった。「中流階級の女たちは不感症に育てられる」「娼婦に落ちたら死ぬまで娼婦」「避妊を知らない」「未婚の母は召使に多い」など、本書は現在まで多くの人が受け入れている「神話」を26とりあげ、その虚構性を当時の日記や書簡、新聞の投書や漫画などの資料を通して検証する。

Kindle版があったので読んでみました。
あまり目新しい内容がなかった。あと、膨大な文献を紹介しているわりには、どのエピソードも深く書かれておらず物足りなかった。
ただ、ヴィクトリア朝そのものをあまり知らないときは、現代の感覚ではありえない内容でもあるので、新鮮に読めるかもしれません。

いくつか印象に残ったエピソードを。

・離婚制度はあったことはあったけど、女性が圧倒的に不利。男性は不倫をしても離婚しなくていいが、女性の不貞は離婚の要因になる。不倫された場合、妻が生活できないほどの暴力を夫から振われないと離婚はできない。
離婚するのが困難な場合、円満に別居生活をして、互いに関知しない覚書を交わすのが普通だった。

・慎ましい生活をしている中流階級の男性たちは晩婚化。結婚して妻を持つと、家庭も養わなくてはならないから貧しくなる。だけど、労働者の女性と結婚したら、階層ランクが落ちてしまうからそれもむずかしい。たっぷりと持参金を用意できる令嬢は、結婚後も裕福な生活を望むから、上の階級の紳士と結婚したがるのもある。

・中流階級の女性たちは性に無欲、とされていたが、それは妊娠の可能性を低くするためだった。当時、出産は命がけであり、妊娠を望まない女性は多かった。愛しあう相手との性交でオーガニズムを感じるのが怖かったのである。

あっけらかんとした文章なので、やや際どい内容もありますが、気軽に読めます。
道徳的な中流階級とそうでない労働者階級との対比が印象的でした。



posted by 夏 at 16:24 | TrackBack(0) | 西洋史(雑学・専門) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。