2016年08月07日

イギリス 繁栄のあとさき

B00JQYYHKKイギリス 繁栄のあとさき (講談社学術文庫)
川北稔
講談社 2014-03-10

by G-Tools
今日、イギリスから学ぶべきは、勃興の理由ではなく、成熟期以後の経済のあり方と、衰退の中身である――。産業革命を支えたカリブ海の砂糖プランテーション。資本主義を担ったジェントルマンの非合理性。英語、生活様式という文化遺産……。世界システム論を日本に紹介した碩学が、大英帝国の内側を解き、歴史における「衰退」を考えるエッセイ。(講談社学術文庫)

歴史的なエピソードが思ったより少なかったのが残念でした。レビューが概ね好評だったから、期待してしまったのがいけなかったのかも……。

書かれたのが30年ぐらい前なのもあって、内容的には古いです。まだまだアメリカが強くて、中国に期待され始めたころ。だからでしょうか、グローバル化されすぎて、移民や難民、絶え間ない紛争で世界がここまで不安定になるとは著者も予想していなかったのでしょうね。
じょじょに先進国が衰退していくのは仕方がない反面、中国等の新興国が大国になった今、これから世界を担えるのかは甚だ疑問です。

要するに16世紀に世界一発展したオランダのように、イギリスもじょじょに衰退していくのは避けられないということらしいです。
周辺諸国が安い製品を作るようになると、工業だけでは国が持たないから、つぎは金融へシフトする。しかし、目に見えない金融商品は、政情や景気に左右されやすいのもあって、じょじょに国が衰退してしまいます。先進国がたどる道。
その金融界をリードしてきたのが、ジェントルマン教育を受けたイギリスの紳士たち。彼らがある意味、イギリスらしい経済を創りだしたのです。

しかし一度、先進国になると、世界をリードするだけの存在は残ります。それがいまだ、途上国のままの国とはちがうところ。いくら開発をされても、先進国が豊かになるために開発されてしまうと、なかなか発展しないそうです。それが低開発化された国。サトウキビや綿花、バナナ等のプランテーションが盛んな国がそうです。

表紙や図版はヴィクトリア朝に描かれたものなのに、エピソードはそぐわない内容でした。なぜ、そのイラストを掲載したのかは、解説すらありません……。
20世紀を総括する経済書としてはいいけど、歴史書としては弱いです。


posted by 夏 at 21:18 | TrackBack(0) | コラム・エッセイ | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

大いなる遺産

B00LBBQKOM大いなる遺産(上)
ディケンズ 山本政喜
グーテンベルク21 2014-07-04

by G-Tools
クリスマスイブの夕暮れ、鍛冶屋の少年ピップは足かせを付けた脱獄囚に捕まり、やすりと食い物をもってこいと脅かされる。このときの恐ろしい経験はあとあとまで尾をひく……田舎暮らしのピップに、降ってわいたように莫大な遺産相続の話がころがりこむ。送り主は誰なのか、世話になっている異様な金持ち夫人のミス・ハヴィサムか? ピップはミス・ハヴィサムの養女エステラへのかなえられない思いを胸にロンドンに出る。だが友人もでき、都会生活にうつつをぬかすピップのまえに、謎の人物が姿をあらわす……話は急転直下、緊迫の度をまし一気に終末へ。皮肉とユーモア、ミステリーと冒険活劇が一体となったディケンズ晩年の傑作。

翻訳された時代が古いためか、それとも直訳に近い表現のためか、言い回しが婉曲で話の流れがわかりにくいシーンがいくつもありました。結局あの時主人公はそう思っていたのか、と後の言い回しで知ります。そこがやや残念でしたが、お話としては面白かったです。さすがディケンズ、と。

お話は三部構成になっていて、一部が主人公ピップの少年時代。
鍛冶屋の姉夫婦のもとで暮らし、ある夜、偶然知り合った囚人を救うことから話が始まります。その後、町のお金持ちの老令嬢の世話をし、成長したら鍛冶屋を継ぐために徒弟になるのですが、突然、某人物がパトロンとなってピップを支援することに。そして第二部まるまる使って、一端の紳士に成長するも、第三部でパトロンの正体に驚き、恐怖し……。
という展開です。

あらすじにすると短くまとまるのですが、昔の小説だけあってなかなか話が進まないのがもどかしい。だけど、三部の急展開からあとは読むのをやめられないほどでした。
まさしく怒涛の展開。一部に潜んでいた伏線が一気に回収されるストーリー展開が圧巻。そしてディケンズらしい、人情というか人間模様に胸を打たれます。
オリバー・ツイストのように悪人がそのままに描かれず、あれだけ忌み嫌っていたはずの脱獄囚の最期をピップが看取るのに涙。
そして貧しくて無学だからと遠巻きにしていた義兄のジョーが、とっても誠実な男――中味は彼のほうが紳士だったというストーリーに感動。
ハッピーエンドとはいかないまでも、その後のピップの生き方にリアリティがあって、満足な読み応えでした。
オリバー・ツイストより大いなる遺産のほうが、ずっとよかった。もっと早く読んでおけば、と少し後悔。
ラベル:☆☆☆
posted by 夏 at 18:17 | TrackBack(0) | 西洋史(古典・小説) | 更新情報をチェックする

ベルセルク 38 他

B01GZH4AGQベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)
三浦建太郎
白泉社 2016-06-24

by G-Tools
変貌を遂げた世界で、安全な土地を求め旅に出たリッケルトとエリカは魔物に襲撃されたところを新生鷹の団に救われた!導かれるがままに辿り着いたのは白き鷹グリフィスが君臨する都ファルコニアだった。グリフィスと鷹の団への複雑な想いを胸に秘めたリッケルトは…。一方、海神の危機を脱したガッツ一行はキャスカの身の安全と、精神の回復の望みをかけパックの故郷、妖精島へ向うのだった。

ほぼリッケルトが主人公。
ようやく読めた続きはとっても面白かった!!!
最後の話でついにガッツ一行が妖精島に到着するので、いよいよクライマックスへ向かうのでしょうか。そうあって欲しい。
20年以上も読み続けているから、できれば数年以内にラストに到達して欲しい。背景少しぐらい手抜きでもいいから……。

その他、最近読んだマンガ

B01DDOQ7H4ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル
集英社 2016-04-19

by G-Tools

壮絶なひとくいヒグマとの闘い!
残酷なシーンてんこもりですが、あいかわらずシュールなギャグとの落差に笑えます。
まさかのBL展開w 杉元のしらけ顔で〆るラストがシュールすぎw
あと競馬のあれこれのうんちくが歴史マンガらしくてよかった~!

B01FCT0YVSふしぎの国のバード 2巻<ふしぎの国のバード> (ビームコミックス(ハルタ))
佐々 大河
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-05-14

by G-Tools

1巻より絵が洗練されてました。
あえて難儀な道程を選ぶのがバード女史らしい。そしてあまり知られていない明治時代の裏日本――新潟の貧しい現状がこれでもかと描かれていました。
北海道に到達するまでまだまだかかりそうですが、先が楽しみな作品。
posted by 夏 at 17:55 | TrackBack(0) | コミック(少年・青年) | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

読書メーター退会しました

なんとなく覗いてみたら一年以上、投稿していなかったのでやめました。
あと、本を読むスピードが積読に追いつかず、それ以上増やさないために閲覧していなかったのもあります。
私のアカウントを見ている人はもういないと思いますが、一応、おしらせ。
posted by 夏 at 17:09 | TrackBack(0) | おしらせ | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

呪われた男 全2巻

B013OBZSXU呪われた男 1 (プリンセス・コミックス)
紫堂恭子
秋田書店 2015-05-15

by G-Tools
誰もが避ける通称“幽霊峠”。故郷への旅路を急ぐジャックはそこをどうしても通らなければならなくなる…。その道中、ブライクという素性の不明な男と出会うが、彼は大きな秘密を抱えていて…!? ワケあり美男のロード・ファンタジー開幕!!

他のシリーズものが出ないのが残念ですが、これはきちんと完結しているのでよかったです。
安定した面白さと画力の美しさは変わらず。
シリアスな設定とは裏腹に、超絶後ろ向きな魔物バスターの主人公と、お調子者の同行者のかけあいが笑えます。あと、悪魔(?)のチワワ嬢も腹黒なのかそうでないのか、ドジなところが魅力的です。

で、ラストの様子からすると、まだ続いてもおかしくない余韻。
もう少し読みたかったなーというのが一番の感想。
posted by 夏 at 16:41 | TrackBack(0) | コミック(少女・女性) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。